スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場ブログは引っ越しいたしました。

2017年01月20日
「おもちゃの広場」ブログは、2016年度より下記サイトへ引っ越しいたしました!

おもちゃコンサルタントによる「おもちゃ」と「遊び」の交流サロン
『おもちゃの広場』


広場の活動報告や広場開催の最新情報をお送りします。
引き続き、よろしくお願いいたします!
スポンサーサイト
未分類 | Trackback(0)

おもちゃの広場IN四街道

2016年03月03日
おもちゃの広場四街道3
今回は会場の都合あって四街道保育園子育て支援センターにて2月29日におもちゃの広場を開催しました。
明け方雨が降り不安定な天気でしたが7組の親子が集まっておもちゃで遊びました。
おもちゃの広場四街道9
スーパーアクロバットを首にまいってネックレのようんいしている子供、ちょっとおしゃれに興味を持ち出したのかな。
おもちゃの広場四街道5
おもちゃの広場四街道7
高く積んだカプラを崩して大きな声を出す子供達。
おもちゃの広場四街道8

はじめはたたくことに熱中していましたが、最後には音色が違うことに気づいたようでした。

おもちゃの広場四街道4
ローリングパズルにも集中していました。
おもちゃの広場四街道2

色々遊んだあとにみんなで手遊びや歌を歌って終了となりました。



広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場in黒野児童館

2016年03月03日
おもちゃの広場in黒野児童館(岐阜県岐阜市)

〇開催日時 12月24日(木) 10:30~11:45

〇開催会場 黒野児童館(岐阜県岐阜市)

〇使用セット こすもすセット、ぎふの木のおもちゃ(まあるいつみき、メタモック、Jブロック、音鳴る積み木、春駒、オトシモノブロック、バランスボール、ころころつみき、つみぼぼ、バランスレール、木馬育、森のめぐみ、凸凹つみき)

クリスマスイブ、黒野児童館でおもちゃの広場を開催しました。
黒野 タペストリー
黒野 全体 黒野 全体2

こちらの児童館さんは
同じ敷地・建物を、未就園児専門の市立保育所とシェアしていて
広場の開催の時には、
保育所の中でも大きい子達が遊びに来てくれます。
(園児は写真NGなので、写っていませんが、ものすごいにぎわいでした)
同じ年齢でも、
保育所の子と、まだ集団生活をしていない子では
集団のパワーというか、遊びのパワーというかが違うので
ママと来ている子達にとって、刺激的な時間です。

ひとりで真剣におもちゃと向き合う子達。
黒野 オトシモノブロック  黒野 ぎふの木のおもちゃ  黒野 口とんがり

黒野 バランスレール 目の前にあるボツボツ(ドット)と会話する、の図

どっちにしよう…選べない、の図 黒野 両刀使い

黒野 クリップ なんだ、これ。面白い!の図

真剣に悩み中、の図 黒野 凸凹つみき

黒野 木馬育 できた!!の図(裏タイトル ママの腰が心配)

いいなあ、それ…の図黒野 いいなあ、それ


黒野 グッドトイ


黒野 クリップ長い

ゆっくり時間をかけて、たくさんのおもちゃで遊んでくれた子ども達でした。


(通信34期 加藤理香)









広場レポート 中部・北陸地区 | Trackback(0)

YMCAたかつ保育園にて「おもちゃの広場」3月2日

2016年03月02日
3月2日 YMCAたかつ保育園にて

3/2a

朝から良いお天気に恵まれ、地域の親子連れが6組の親子連れが参加してくれました。
園児は、1 歳児から4歳児のまでのお子さんが遊びに来てくれました。

3/2a
地域のお子様も園児も、仲良く遊んでいました。
「アクロバット」や「おままごと」「デコアの鉄琴」が人気がありました。
「アクロバット」では、大人に冠や首輪を作ってもらっては壊して遊んでいました。
「おままごと」では、定番遊びでお鍋で煮たりオーブンのすいっちを入れて焼いたりしていました。
お友達に振舞うま仕草にまでは及びませんでしたが、食事を作るイメージは豊かなようです。
今日は、どんなおもちゃも一様に遊んでいるようでした。
おもちゃの取り合いもありましたが、大人が間に入って譲り合うことができました。

3/2a

おもちゃ取り合いで泣いてしまったお子さんに、「金属のしゃぼんだま」を見せると、目を見開いて楽しんでいました。
持込おもちゃ「ポップアップおもちゃ」も人気で、指で押して飛び上がるのを楽しんでいました。

3/2a

3/2a

3/2a

地域のお子様に、お土産として手遊び歌の歌詞や「アイロンビーズ」で作った動物や電話をプレゼントしてしました。
親子で、おもちゃの広場をきっかけに「おもちゃ美術館」に遊びに行ったそうです。

日本のは先進国でありながら子供の生活の質が貧困になっていると、保育士さんからお話を伺うことも出来ました。
おもちゃの広場の活動が、子供たちの環境に役立つよう心がけたいと思いました。

高橋、撫養
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場 所沢 杉本裕子、横田尚子

2016年02月27日


2月16日(火)10:00〜12:00 所沢市すみれ児童館
2月23日(火)10:00〜12:00 所沢市わかば児童館

どちらの日も寒い日だったので出足は悪かったのですが最終的には12〜15組くらい来場で盛況でした。

★すみれ児童館
0〜1歳児が多かったです。
途中で乳幼児の児童館主催のイベントが入ったのでそちらに行ってまた帰って来る方が何組かいらっしゃいました。
デコアの鉄琴が気に入ってずっと叩いている女の子がいました。
アライグマのパペットを抱えるように動かしていたら本物かと驚くママや子どもがいました。
恐る恐る触ってちょっと嬉しそうでした。

★わかば児童館
2歳の男の子、ブリオの電車で上手に鉄橋を壊さずに渡ることができていました。
こちらもアライグマはリアルさに親子で驚いていました。
2歳の女の子、一緒に積みましょうと誘うと頑張って自分の背の高さまで積めて喜んでいました。

★人気のあったおもちゃ
クネクネバーン、クッキングセット、アライグマ、スーパーアクロバット、
ブリオの電車セット、ホーベルマンスフィア

★感想など
おもちゃ美術館に興味を持たれる方が多かったです。
美術館の年間パスポートを持っている方がいて驚きました。
おもちゃの広場のタペストリーは分かりやすいと好評でした。
最近はおもちゃの取り合いをする子が少なくなった気がします。


未分類 | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。