スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場 大阪市淀川区 くらむぽん

2008年05月30日
こんにちは。少しレポートが遅れてしまいました。

●会場名  くらむぽんサロン
●利用セット ぺんぎんセット
●開催日時  5月21日(水)10:30~12:00
●来場者    親子5組7名

【開催に向けて行った広報など】
今回は、あまり大きく開催する事はできなかったので
育児情報誌にチラシを100部ほどいれて配りました。

【開催中のタイムスケジュール】
小さな集まりでしたし、子どもさんも1歳ぐらいの子どもさんたち
でしたから、特にスケジュールなど決めることなく
おもちゃを楽しみ、おしゃべりを楽しむ事を中心としました。

【子どもたちや保護者の様子】
会場にやってきて、用意してあったおもちゃを見たとたん
「かわいい~~」とおっしゃっていました。
特に、ぺんぎんセットは木のおもちゃが多く
1歳くらいの子どもさんには向いているものが多かったように
感じました。
「木のおもちゃを買ってあげたいとも思うけど、
もう次の子どもが生まれる予定もないしもったいない気もする」
なんて話してくださる方もいたりして、木のおもちゃに興味はあるけど
自分では買えないので、遊ぶことができてよかったとのことでした。

【人気のあったおもちゃ】
★リズムスニーカー  みた感じのかわいさときれいな音色。動きも人気です。
★くるくるチャイム   宙にういているようなボールの動きが人気です。

【次回に向けてなど】
ぺんぎんセットはだいぶ古いセットでしょうか?
よく使い込まれていたように感じました。
おもちゃの説明書などを充実させたいなと思ったのですが
今回は期間も短かったので、次回チャンスがあれば
やってみようと思います。
7月に牛乳パックを使ったおもちゃ作りを教えに行くことになりました。
パタパタ劇場がいいかなと思っていますが、
なにかおすすめ情報などあれば教えてくださいね。

clumpon
スポンサーサイト
広場レポート 近畿地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場 船橋市 リヴァイヴ 2008.05.15

2008年05月15日
おもちゃの広場を 船橋市飯山満にある「リヴァネット」にて行いました。

おもちゃの広場初開催に挑みましたおもちゃコンサルタントの いちかわ ちづ です。
おもちゃの広場について報告いたします。


●開催内容●
「おもちゃの広場
    ・ママと子どものリラックスタイム・グッドトイに親しもう」

~このブログの画像はすべてモザイク処理しています~
037_20080530033816.jpg


日時: 5月15日(木) 13;30-15;50
    14:00と15:00に紙芝居や手遊びタイム(各回10分)

場所:リヴァイヴ(船橋市飯山満)

人数:定員8組(参加者7組・スタッフ4名、計18名)

参加費:500円(リヴァイヴさんと相談のうえ決定)


●広報について●
広報は、主にネット上の掲示板の告知、
およびトイコンサルタント・学芸員の口コミ


●当日の様子●

マンションをサロンとして利用されていて洋室と和室を開放してくださいました。
こんなに素敵な場所でした。
041.jpg


032.jpg


皆さん話に花が咲き、とても楽しい時間となりました。
紙芝居や手遊びも楽しんだ頂きました。
紙芝居は、「どかどかじゃんけん大会」
手遊びは、ケロポンズさんの手遊びなどをいくつかご紹介しました。


人気があったおもちゃはコチラ
035_20080530033954.jpg


洋室に設置したのですが、集中してずっと遊んでいるお子さんが
常に2・3名いらっしゃいました。
おかげで和室がゆったりつかえました(笑)

人気のなかったおもちゃは、「ハウス」です。


印象的だったのは、おうちでも「木のおもちゃ」が大好き!!という0歳のお子さんが
広場でもずーっと木のおもちゃを気にって遊んでいたことです。
木のおもちゃで遊ぶととても安心&満足している様子でした。

皆さん、次の7月開催もぜひ参加したいと話しながら帰宅となりました。
7月はランチ付でもっとゆっくり時間をすごせるように・・・とリヴァイヴさんと相談しました。

030.jpg



●次回に向けて●
おもちゃの配置について、乱雑に混ざってしまったので、
(それでもいい場合もあるとは思いますが)
次回は個々のおもちゃに集中できる配置にしてみることとしました。

今回は、トイコン1名・学芸員1名、リヴァイヴのスタッフ2名でしたが、
おもちゃと関わることを考えるとトイコンがもう一名いるとより深く関われる気がしました。

後期には手作りおもちゃにもチャレンジしたいと思います。
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場 in 兵庫県養父市 《田路寿美---とうじひさみ》

2008年05月12日
  ~レポートが遅くなりましたm(_ _)m
    GW目前の土曜日に、今年度初めての広場を開催しました。 ~


会場の雰囲気

☆利用セット   
  あひるセット
☆開催日時&会場名
  平成20年4月26日(土)  11:00~15:30     
  兵庫県養父市八鹿町 ショッピングタウンペア2階 
                     子育て広場「ラビット育ちゃん」
☆来場者数 
  約60名(内、スタッフ&ボランティア4名)
☆広報
  ○会場近辺での掲示とチラシによる自由配布
  ○会場隣のフロア「養父市男女共同参画センター」と、市の関係課(人権推進課)による
   宣伝

  (オリジナルののれん
       ・・・下に重なった派手な柄の布(!)で会場所有のつみきを隠しています)

オリジナルのれん


  (100%天然まゆの、まゆ玉ころがし
       ・・・結構人気でした。レールは研究を重ねたオリジナル(^_^)v)

まゆ玉ころがし

☆タイムスケジュール 
  10:20  おもちゃ搬入 会場準備
  11:00  おもちゃの広場開始
  13:30  おもちゃを隣のフロアに移動
  14:00  ショッピングタウン内の書店主催の「お話し会(絵本の読み聞かせの会)」
  (~14:30まで)
  14:30  おもちゃの広場再開
  15:30  おもちゃの広場終了 
  16:00  おもちゃ搬出完了
  
☆子ども達や保護者の様子
  ○今回の会場は、市内中心部のショッピングタウン内にあり、隣接する「養父市男女共同
   参画センター」が管理している常時開放された子育てひろばであったので、昼頃までは
   人の動きもまばらであったが、「お話し会」の後は、特別な呼びかけをしなくても多くの
   親子が残っておもちゃで楽しんでくれた。
  ○参加者はほとんどが買い物客なので、家族連れも多く、ファミリーで楽しんでくれる様子
   が微笑ましかった。また、GW目前ということもあり、帰省ファミリーもあった。
  ○とても熱心にいろいろとさわってみてくれるお父さんが2~3人あった。手作りおもちゃの
   カラクリは、たいていお父さんの方が興味を持ってくれる。
  ○最後まで遊んでいたのは小学生だったので、片づけまでしっかり手伝ってくれて助かっ
   た。
  ○今回は、常時開放型のひろばだったので、まとまったトークは行わなかったが、人の出
   入りが小刻みだったので、少しずついろんな人とお話ができた。

☆人気のあったおもちゃ
  ○カプラ・・・年齢を選ばないカプラは、やっぱり最高のおもちゃです。
  ○クネクネバーン・・・いつでもこれは大人気です。
  ○大工さん・・・やっぱり大人気。待ちペグ(上部に立てている)をたたく子&親御さんも結
  構多くて、正しい方法(*^_^*)を伝えるとそれだけで場が盛り上がります。

(高学年の子がお父さんとトライしたカプラ)高学年カプラ

(むかでをハイハイで追いかける赤ちゃん達)ハイハイ

☆次回に向けて
  ○昨年度開催した、参加者が固定されている(登録制の)子育てひろばでの開催も、今後も
   行っていきたいが、今回のような常時開放型の子育てひろばでの開催も、継続して行って
   いきたい。
  ○「お話し会」の時間、おもちゃの広場を中断しても、その事がマイナスにならなかったこと
   が嬉しかった。しかし、日程を重ねたことによって参加者が増えたことは間違いないので、
   今後、「お話し会」の主催書店に「おもちゃの広場」のことを十分に理解してもらって、同じ
   ような方法で開催を重ねていけたら、と考えている。
広場レポート 近畿地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場「つくば古民家にて」

2008年05月03日
第1回、おもちゃの広場「つくば古民家にて」開催しました。
●開催日:4月25(金)~28(日)日 10時~16時(27日のみ12時30分まで)
●開催場所:つくば市 葛城地区公園内 古民家「つくばスタイル館」
●スタッフ:上鶴恵子とスタッフ2名
●来場者数:4日間で80~90家族くらい

はじめての開催でしたので、余裕をもって準備したつもりでしたが、当日にばたばたしました。そんなに来場はないだろうと様子を見つつやろうと思っていたら、開催時間からぞくぞくと来場していただき、うれしい悲鳴でした。

●事前準備:チラシ1000枚配布(児童館、公民館、スーパー、子育て支援センターなど)/地元子育て支援NPOのメールマガジンに掲載いただく(購読者1000名)/地元広報誌に掲載/市民活動センターWEB他に掲載 など 足りないかと不安でしたが、ママさんのアンテナははり巡らされていました。

その他、看板作成、手づくりおもちゃ教室の牛乳パックを切って準備、備品の購入、当日の注意事項を書いた案内、アンケート作成などの下準備をしました。

●イベント内容:グッドトイであそぼう/手づくりおもちゃ教室(木の絵本づくり、牛乳パックのコマと手裏剣づくり)/おもちゃ病院(日曜日のみ)/おもちゃのリサイクル回収 など時間は決めずに、出入り自由で。飛び入りで折り紙おじさんが、折り紙を教えてくださいました。

自由に来て遊んでいただいて、それぞれの時間を過ごしていただきました。古民家は5部屋あり、グッドトイであそぼうは2部屋使って、ふすまをとりのぞいて広々した雰囲気でできました。その他、おもちゃ教室で1部屋、休憩ルーム(お茶とおかしをセルフで。食事も可)で1部屋、残りはお昼ねルームとすべて見渡せる構造なので、ゆったりとしつつも目が行き届く会場でした。来場者からは「自由にゆったりと過ごせた」古民家だけに、親が「和む」「ゆっくりできた」「癒される」と大好評。子どもも、長い廊下を押しグルマを押したり、自宅ではできない遊びをしていました。

地元で活躍中のボランティア、おもちゃドクターにも来ていただき、いっそう盛り上げてくださいました。同期の絵本作家いけやりょうさんも駆けつけてくださり、木の絵本づくりのワークショップをしてくださいました。

平日はママグループで、休日は家族でとまったく雰囲気が異なりおもしろかったです。案外、パパと子どもでカプラなどに熱中する姿が目立ちました。会場に合わせて昔ながらのおもちゃ(お手玉、竹馬、双六、カルタなど)も用意したのですが、人生ではじめて竹馬に乗ってはしゃぐパパも!みなさんからは「おもちゃを試せてよかった」「家にはないおもちゃで遊べて子どもが楽しそうだった」などの声をいただきました。

おもちゃは1~3才向けとチラシでアナウンスしましたが、0才児が意外に多く、おもちゃの予習をされるママさんたちは微笑ましかったです。なので、手づくりおもちゃ教室にも子どもがどっと集中することもなくゆったりとできました。

●人気があったおもちゃは、「大工さん」「クーゲルバーン」「十二輪車」「ティピトーズ(ザリガニの意外性が親にうけた)」。その他もまんべんなく遊んでいました。ままごとセットなど、他の子と交流できるようなおもちゃが少なかったのが残念でした。

●感想など:スタッフはみんな子育て中なので、事前に子どもが病気などで充分な打ち合わせ、情報共有ができないままスタートしてしまいました。お茶のサービスがうれしかったとの声があり、休憩できるスペースも重要だと思いました。なによりも、古民家ということが雰囲気づくりに大きな役割を果たしたと思います。みなさん広々としたスペースで楽しそうに過ごされていました。次回も同じ雰囲気でできればいいと思います。おもちゃは、スタッフもたくさん持ち込みましたが、「たりない」という声もあり....かなりたくさんあったと思うのですが....。アンケートを書いていただたいたので、これから集計します。上記にだいたいは反映しています!次回は来月なので、またチラシ作りをしなければならず、間を空けた方がよかったと後悔しています....(汗)スタッフも、たくさんのママさんと話せて楽しかったと言ってくれて、とりあえずほっとしているところです。またがんばります!

つくば003つくば002つくば001
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。