スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

カラフルバザール in まるやまいちば

2008年06月21日
今年度最初のおもちゃの広場はフリマイベントの一角で行いました。
地域の市場にもっと若い世代の方が足を運んで貰えるように、
そして市場の対面販売の面白さ=コミュニケーションの面白さを多くの方に再発見して貰いたくて、
1月から準備を進めてきたイベント、カラフルバザール n まるやまいちば。
5月17日(土)に開催されました。

オープンは10:30分。オープン前からお客様がちらほら。
入沢さん2



おもちゃの広場には、私が心から信頼するおもちゃコンサルタント・尾崎さんと
小樽のおもちゃ屋さん・キンダーリープ・スタッフの筒井さんがスタッフとして
常駐してくれました。

私はおもちゃコンサルタントなので、なるべくおもちゃの広場に居たい、居よう!と
思っていたのですが、イベント主催者だったので会場全体の細かい仕事に追われて
なかなか落ち着いて居られなかったのが残念です
でも安心してお任せできるスタッフが居てくれたこと、それから急遽、おもちゃコンサルタント仲間の
大竹さんがお手伝いに来てくださったので、とっても助かりました
ありがとうございます♪


まだ混み始める前、のんびりした空気が流れます。
外の喧噪が嘘のよう???


いつも優しい笑顔と歌声の尾崎さん。今日も優しいわらべうたで。

赤ちゃんをお昼寝させて、お母さんは「おもちゃであそぼう」を読んだり、
お昼を食べながら、スタッフと遊びについておしゃべりしたり、
家族で夢中でおもちゃで遊んだり。
赤ちゃん・小さなお子さん連れのお客様にとって休憩の場・拠点にもなった
おもちゃの広場。
34組の親子さんがご利用下さいました。
本当にありがとうございました

グッドトイの中でも、お母さんに人気があったのは「白木の音合わせ」でした。
また、おもちゃ屋さん・キンダーリープから持ってきて頂いたテーブルゲームは
お父さん・お母さんと一緒に何回も楽しむお子さんの姿が多く見られました。

おもちゃの広場の外は
こんな感じの大混雑!!

オープンしてからはもう、床が全く見えなくなるほど人。人。人。。。。
本物のバザールのようなにぎわいに!!


来場者数は目算で250~300人とのことでした。
色んな年代の人が、色んなショップを出して、色んな世代の人と出会う。
これが今回のイベントの趣旨だったのですが、目標達成でした。

今回のイベントの大きなポイントは、子ども達が準備から販売までを自分たちでする
「子どもマーケット」
お母さんやおばあちゃんにサポートしてもらいながら、ショップに立ちます。

自分で作った作品、使わなくなったおもちゃ、小さくなってしまった洋服。
「いらっしゃいませ~~!!」元気に声をかけていました。
「赤ちゃんにぴったりのおもちゃがありますよ!」
ちゃんとお客様を見て商品を勧めています。

見知らぬ人ともお話する。
おつりの計算を素早くする!間違えてお客様に教えて頂く。
最後の方では値引きする。
買って頂いたら、元気に「ありがとうございました!!」を言う。
とっても良い経験になったと思います。

実際にお客様と接するし、お金も扱うので真剣そのもの。

子どもマーケットに参加した子ども達からは
「自分で稼いだお小遣いで買い物した!!」
「売り上げは貯金するよ。」
「私が売ったお金で弟にお土産買っていくの!」などなど。

おもちゃの広場での「ちいさな子ども達とお父さん・お母さん」の穏やかな
温かい空間とは正反対のカラフルバザール会場でしたが、
ここでも子ども達がキラキラしていました♪

今回のおもちゃの広場は私自身が会場全体を見ていたため、
小樽のトイコン・尾崎さん、キンダーリープの筒井さん、札幌のトイコン・大竹さんに
ほとんどお任せとなってしまいました。
信頼できる仲間が居るのは本当に幸せなことです。感謝の気持ちで一杯です。

そしておもちゃの広場でも、カラフルバザールでも「子ども達のキラキラ」を見ることが
出来たことは、何よりも幸せでした!


カラフルバザールについてはブログにも詳しく書きましたので、ぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/chiisana-asobi/entry-10098145472.html

スポンサーサイト
広場レポート 北海道地区 | Comments(1) | Trackback(0)

『おもちゃの広場』in奈良【遊ViVa 林】

2008年06月16日
20080616021513
20080616021511
20080616021509
20080616021506
○広報
 保育園(5歳児)にお便り配布
○日・時
 6月11日(水)
 10:00~
    12:00
○場所
 華表(かひょう)保育園内 リズム室
○対象
 5歳児(46人)
 保護者親子数組
○使用おもちゃ
 わにセット
 自宅おもちゃ


前日に搬入させてもらいました
おもちゃを並べていると学童の子ども達が興味を持ってくれたので少し遊んでもらいました
「スイッチピッチ」
「マーブルティック」が人気で取り合いで遊んでくれました

当日は大人数でしたので、自由におもちゃに触れ、遊んでもらうのでいっぱいいっぱいで、一緒にゆっくり楽しむ時間がとれませんでした
次回はもう少しゆったりと過ごせたらと思います


ワークショップでは『四つ編み』体験
手作りおもちゃ『ぱかぽこ』を作りをしました
『四つ編み』
指先(普段あまり使わない、中指・小指)を使うことで脳を活性化します
※編み方の資料作成・ 配布
事前に保育に組み込んでもらっていたので取り組みやすかったです

初めての『おもちゃの広場』ということで、何をどうしたらいいのか右も左もわからずでしたが、手伝ってもらえた仲間と、場所と時間を提供していただいた元職場の主任先生、エールを送っていただいた通信24期のお仲間の皆々様のおかげで、頑張ることができました
ありがとうございましたm(__)m

今回の経験を次回の『広場』に活かしていきたいと思います

主任先生達に、私なりに木のおもちゃ・グッドトイの紹介をしました
将来保育園で、『おもちゃライブラリー』をやってみたいなぁ~という主任先生の言葉を聞き、これからもっとしっかりとおもちゃの勉強をし、知識を広げて何かお役に立てればと思いました
広場レポート 近畿地区 | Comments(0) | Trackback(0)

北九州市立子どもの館

2008年06月06日
おもちゃの広場in北九州市



【利用セット】 ぱんだセット
【開催日時】  5月31日(土)~6月1日 13:00~16:00
【来場者数】  約200人(2日間の延べ人数) 

【PR方法】チラシを作成し館内に配布・イベント情報に掲載

【広場の様子】
 今回は5回目ということもあって「またおもちゃの広場があってるよ」と言って遊びにきてくれる方もおり、
だんだんと定着してきたと思います。
何度も遊びに来てくれる子や2時間~3時間ずっと遊んでいる子もおり、多くの方に楽しんでいただけたと
思います。

今回、子どもの館で購入したグットトイも何点かだし、普段よりかボリュームをだしてみました。

【追加のおもちゃ】
①ミッフィーのやわらか積み木 ②カスタネット ③金属のシャボン玉トロフルックス ④エアバルーン
⑤ビリボ ⑥スイッチピッチ ⑦木のおままごとセット(野菜のみ) ⑧キッズドラム

【人気のあったおもちゃ】
・クネクネバーン・
小さな子から小学生まで楽しまれるおもちゃでした。中にはカプラと歩くブタを組み合わせて
ピタゴラ装置のようなものを作る子もいました。
・カプラ・
組み立てては崩す遊びが多く、老若男女に人気のあるおもちゃでした。多くは幼稚園・学童保育などにある
ということで遊び方を知っている子もいましたが、大人の方は「どうやって遊ぶんですか?」とたずねる方もいました。
・ハンドインハンド・
遊び方の質問が多いおもちゃではありましたが、正規の遊び方のほか、ひっくりかえして神経衰弱遊びや
ごっこ遊びなどを案内すると喜んで楽しんでくれました。
・木のままごとオーブントースターセット・
多くの子どもに大人気のおもちゃのひとつです。
今回は野菜の木のおもちゃもだしたので色々な料理を開発する子どもが多かったです。
中にはお皿になすびをのせてオーブンにいれ、「チーン!」と口で言ったあと熱そうにお皿を取り出す
姿をみてとても関心しました。ちゃんと大人の姿を見てるんですね。

・キッズドラム・
首から下げてぐるぐる歩き回る子から、足に挟んでトロムメールのバチで左右から叩く子など
さまざまな遊びを見せてくれるおもちゃでした
・金属のシャボン玉トロフルックス・
これも老若男女人気のあるおもちゃでした。夢中でチューブを手繰り寄せる姿がとても楽しそうでした。
赤ちゃんも回してる間はじ~っとみつめる子が多く、お兄ちゃんが妹に見せてあげる場面もありました。
スタッフ内でも人気のあるおもちゃで、みな仕組みが気になる!と一生懸命遊んでました。


【今回の反省】
毎回ミニゲームなども交えようかと考えるのですが、やはり親子や友達同士でゆっくり遊べる
フリースペースタイプを継続しようと思います。
また事前にスタッフにおもちゃのいろいろな遊び方のレクチャーをし、多くの方に楽しんでいただけるように努力していきたいとおもいます。
広場レポート 九州地区 | Trackback(0)

「おもちゃの広場」in甲府

2008年06月04日
日時:2008年5月31日(土)10:00~11:30
場所:甲府市中央部幼児教育センター

参加者:甲府市在住の未就学児とその保護者(大人25名・子ども
29名)

スタッフ:おもちゃコンサルタント3名(小林・星野・名取)

ぺんぎんセット
人気があったおもちゃ:リズムスニーカー、カプラ

参加者の様子
お父さん、お母さんが積極的におもちゃを手にして遊んでいました。
子どもたちもすべてのおもちゃを楽しむように笑顔で動き回る、ひとつ
ずつを
じっくりと遊ぶなど、それぞれの遊び方がみられました。
参加者とスタッフが遊びを通して会話が弾み和気藹々とした雰囲気でし
た。
走り回っていた4歳の男児と女児をカプラコーナーに誘うと高く積み上
げることに
はまったようで、背丈よりも高く積み楽しんでいました。
次回への反省点
送られてくるセット内のおもちゃについて広場開催前に勉強会を開き
スタッフ自身が遊ぶ機会を設ける。

スタッフ3名が揃う場合は「手作りおもちゃ」コーナーまたは「テーブ
ルゲーム」
コーナーを設ける。


事務局石井がお預かりしたデータをアップしましたが、
どうしても写真を載せられませんでした…ごめんなさい。
広場レポート 中部・北陸地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場inミナ・クル

2008年06月03日


遅くなりましたが、おもちゃの広場の報告です。
開催日:5月18日(日) 10:00~15:00
場所:石川県七尾市 ミナ・クル
    ミナ・クルは、七尾駅前にあり、お店のほかに、図書館や市の福祉課や   
    子育て支援センターが入った、複合施設です。
    ちょうど借りている場所の隣が、親子で遊びに来るスペースになっているので
    そこに遊びに来られた方も、おもちゃの広場に遊びに来てくれました。

来場者 大人10人 子供15人

人気のあったおもちゃ
   スイッチピッチ  投げると色が変わるボールに、みんなびっくりされ
             親子で楽しそうにボールのやり取りをしていました。
  
   ローラーカップ  動きの面白さと、かわいいお顔のデザインが、子どもたちの
             興味を引いていました。
   
   リグノ       1歳の子が上手に手につかんで遊ぶ姿を見て、お母さんが、
             「積み木はまだ早いと思って、しまってあったけど、もうあそべるのね」
             と話しておられました。
  
   ままごとたべものセット 3,4歳くらいの女の子は、まずここで野菜を切ってから
                 他の遊びにも行ってみる、という感じでした。いつもの気分で
                 安心して遊べるおもちゃというのも必要ですね。

   マーブルティック  お母さんから「うちの子これ絶対好きやわ~」という声がありました。


 来場者も多くなく、規模的には小さいのですが、その分来られたお父さんお母さんたちと
いろいろな話も出来たりして、私自身にとっても、とても楽しい時間でした。
 「わ~!木のおもちゃいっぱいあるね」という声に、自分にとってはこういうおもちゃは当たり前
のように感じていたけど、まだまだほとんどの人にとっては、見慣れない珍しいものなのだな~
と実感しました。すてきなおもちゃの魅力を、たくさんの人たちに知ってもらいたいですね。

                 
        
 


未分類 | Trackback(0)

おもちゃの広場 in にじ文庫(石川) 西 希美

2008年06月03日
 石川県白山市で、文庫を運営している友人と「おやこであそぼ!」というイベントを
 企画し、合わせて「おもちゃの広場」を初めて開催させていただきました。

【利用セット】 あひるセット
【開催日時】  5月24日(土)10:30~14:30
【来場者数】  約70人(おとな約30人 こども約40人) 

【開催にむけて】簡単なチラシを作成し配布、ブログにておしらせ

【タイムスケジュール】
 10:00  受付
 10:30  パラバルーンであそぼう!
 11:00  工作教室「ゆび人形」(講師:富山県在住トイコン荒木さん)
 12:00  昼食
 13:30  絵本と紙芝居
 14:00  パラバルーンであそぼう!
 14:30  解散

【子どもたちや保護者の様子】
 会場は、山間にある廃園なった小さな保育園。
 ここで週に2日開いている『にじ文庫』さんと一緒に『おやこであそぼ』という
 イベントを企画しました。
 各催し、自由参加で「おもちゃの広場」は終日開催していました。
 生後4ヵ月~小学校中学年まで、幅広い年齢層の子どもたちが同じ空間で
 遊んでいたのですが、まさにおもちゃがコミュニケーションツールとなり
 とても良い雰囲気だったと思います。
【人気のあったおもちゃ】
 5歳以上のこどもたちには「カプラ」「色遊びコマ」が人気があり保護者の方から
 発売元や金額などをよく聞かれました。
 小さいこ子やお母さんには「大工さん」が人気で「どうして(ペグが)ストーンと
 落ちないの?」と質問されたり『あ~!なんだかスッキリするわ~!』と気持ち
 良さそうに叩いているお母さんも!
 「ヴァルターむかで」を園内中つれて歩いている子もいました!

【次回に向けて】
 今回、トイコンだけでなく多方面で活躍されている方々に協力して頂いた
 (巻き込んだ!?)ことによってグッド・トイを多くの方に知っていただく
 きっかけになったのでは?と思います。
 
 次回は、ボードゲームコーナーや体を使って遊ぶおもちゃコーナーを設けるなど
 もう少しおもちゃに重点を置いた内容でやってみたいです。
toyhiroba

広場レポート 中部・北陸地区 | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。