スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

弘前市立百石町展示館

2009年01月17日
レポート記入者   弘前こどもコミュニティ・ぴーぷる 佐々木
会 場       弘前市立百石町展示館
おおよその来場者数  約250名

弘前2

○開催にむけて行った広報
・公共施設・子育て支援センター
・すくすく子育てボード(市内スーパー等6ヶ所)へのチラシ配布
・報道関係への事前周知願い
○開催中のタイムスケジュール
1月 9日(金) 10時~16時  
1月10日(土) 10時~15時
○協力
青森県工業総合センター 弘前地域技術研究所
あおもり木製玩具研究会「わらはんど」
スタッフ・・・弘前大学、弘前厚生学院の学生ボランティアのみなさん

弘前1

○子ども達や保護者の様子
幼稚園、小学校が冬休み中の開催となり、ご家族での参加が多くみられた。
特に10日土曜日はお父さんがお子さんを連れて来場する姿がありました。
乳幼児には“クネクネバーン”“よちよちトレイン”、就学前の子どもたちには“おままごと”“スタック・ボックス”“はめっこパズル”、小学生には“つみき”が人気でした。
また、広場内に当法人が行ったおもちゃドクター養成講座の受講者たちによる「おもちゃ病院」が開設され、多くの壊れたおもちゃの持ち込みがありました。
おもちゃで遊ぶ親子、スタッフの学生、そして壊れたおもちゃを持参されたご年配の方々と幅広い年代の交流の広場となりました。
○人気のあったおもちゃ
クネクネバーン、よちよちトレイン、スタック・ボックス

スポンサーサイト
広場レポート 東北地区 | Comments(0) | Trackback(0)

世田谷区 深沢区民センター

2009年01月14日
遅ればせながら報告です。
12月21日 日曜日 東京都世田谷区 深沢民センター第2会議室にて。
会場予約のミスから10:00からの開催予定が1:00~4:00まで開催。
おもちゃ。ひよこセット
告知方法。街の掲示板、地域の施設に30枚程ポスターを掲示。mixi地域の子育てコミュにて告知。
友人、知人にチラシを配布。
大人スタッフ。Yさん。Kさん(4才児のママ)TCの一星さん。
街に掲示したポスターを見てきてくれた、TCで、学芸員のYさん。Yさんは遊びに来てくださっただけですが、WSなど盛り上げてくださいました。
とてもよいお天気だったので、最初は、スタッフの方が多いくらい、参加者もまばらでした。
12:30 急いで設営。
1:30おはなしかい。「おめでとう」舟崎 克彦 (著), 宇野 亜喜良 / 福音館書店
             「ねこざかなのクリスマス 」/わたなべゆういち/フレーベル館
             「十二支のお節料理」川端誠/ BL出版
             &わらべうた
             &TC 一星さんによる「あわてんぼうのサンタクロース」のパネルシアター
             楽器のおもちゃで盛り上がりました。
2:00WS紙コップ パペット(画像のサンタのシンプルバージョンでした)
自由遊び。今回は時間が短かったのでじっくり遊べず。写真も撮り損ねてしまいました。
私は持参した、ハバ社の組み立て式クーゲルバーンで遊んでいる画像です。
組み立て式クーゲルバーン
私の持参した、ヴェルター社のプッシュトイや、プルトイは人気でした。
やはり子どもに人気だったのは、ビーズトイ。大人には白木の音あてゲームでした。
やはり時間が短かったことを反省。もっとじっくり遊べるように工夫、改善していきたい。
2枚目の画像は最後の打ち上げパーティーの様子。
参加した子どもたちとドーム型のケーキを作り、マーブルチョコで飾りをつけ、
雪だるまのケーキにしました。成育の先生に教えていただいた
アイディアをアレンジしました。

井上さん縮小版
打ち上げのケーキ 2
広場レポート 関東地区 | Comments(4) | Trackback(0)

「おもちゃの広場」in雫石 細川 俊子

2009年01月05日
[おもちゃの広場]in雫石
「ぱんだセット」
日 時 2008年12月22日~26日 9:30~11:30
場 所 雫石町内3ヶ所の保育所
来場者 親子15組と保育所入所児童
 今年度最後の「おもちゃの広場」を子育て支援センターの職員と一緒に3ヶ所の保育所で開催しました。2回目の広場となった2ヶ所の保育所では、前回の楽しかった広場を覚えていてくれ、玄関に子どもたちが集まって出迎えてくれました。年末の雪道ということもあり、一般の親子の参加者は少なかった分、保育所の子どもたちには存分に遊んでもらえたようです。年長児が興味を持ったのはやはりカプラでした。友だちと高く積み上げては、豪快に崩れると悲鳴のような歓声のような声があがり、またはじめから積み重ねていました。最後は届かない位高くなって職員に抱き上げてもらって乗せている姿もありました。その他、はめっこパズルやハンドインハンドも年長児ならではの力を感じました。又、親子で参加した子どもたちは0~3才位なので、ヴァルターむかで、ミラクルバウンディング、クネクネバーン、ままごとなどが人気でした。
 今回も「手作りおもちゃ教室」を開催し「くるくる絵本」「手品カード」を使ってクリスマスカードを、「へびのたまご」の作り方でびっくりお年玉をそれぞれの保育所で作りました。保育所の子どもたちも一緒に作れるように支援センターの職員が丁寧に下準備をしてくれたので、出来たカードで遊んだ後はみんなでお土産に持ち帰りました。
4回の「おもちゃの広場」が無事に終わりましたが、次年度は更に地区のコミュニティセンターでも開催をして、もっと長い時間ゆっくり遊んでもらえるように計画します。
広場レポート 東北地区 | Comments(1) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。