スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場 in 岐阜長良

2010年10月30日
利用セット   さめセット  

手持ち(ネフ積み木、布絵本、忍者、かえるさんジャンプ、パズル、コロコロシーソー、)

開催期間  H22年10月27日 (水)  10:30~12:00

会場名   長良公民館

広報    公民館で月に4回行われている 有料の幼児クラスなのですが、おもちゃ広場をやるという事で
      無料にしていただき、友達を誘ってもらうという宣伝方法をとりました。

参加者   大人 15名  子ども 17名

スタッフ  インストラクター 2名  コンサルタント 1名  幼児クラススタッフ 2名

タイムスケジュール  10:30   開始  おもちゃ広場について
                   自由に遊ぶ

           11:30   後かたずけ
                   感想 質問受付コーナー

           12:00   終了

様子 人気のおもちゃ

  長良公民館の幼児クラスで 開催さけていただきました。
  年齢的に就園前の子が多く 自分で自由に好きなところであそんでくれました。
  ぬいぐるみに『かわいい~』と感激してくれたり、ハンマートイはあきることなく
  とんかんとんかん~ あそんでくれ 帰りに 『これはどこに売っていますか?』
  と あまりに夢中で遊ぶので、買ってやります。とママ。
  コマもとても上手に回します。きれいな色に大喜び~。
  積んでは壊し、積んではこわす~ そして ばんざ~い。
  とても 楽しくさせられました。
  いままで見た事のないおもちゃも たくさんあったようで、購入先についての質問もたくさん
  ありました。
IMG_2580_1.jpg

IMG_2576_1.jpg

IMG_2573_1.jpg

IMG_2587_1.jpg

                                     通信33期  高橋真由美
スポンサーサイト
未分類 | Trackback(0)

おもちゃの広場  金町保育園    河野美奈子

2010年10月28日
開催日 2010年10月21日(木)
時 間 10時~11時
場 所 金町保育園内 子育てひろば

参加者 乳幼児の親子対象 12組(大人12名 子ども13名)

おもちゃ ワニセット 
     保育園内の玩具 (ウレタン三角山 大型クッションパズル クーゲルバーン2種類)


今回で3回目のおもちゃの広場となりました。
近隣の子育てセンターの運動会と同日になってしまい参加者の人数が心配でしたが、おもちゃの広場を楽しみにしている方々もいらっしゃって、みなさん楽しそうに過ごされていたように思います。
前回までは、子育て中の息抜きや暇つぶし的な雰囲気で参加の方も多かったのですが、今回は、「おもちゃの広場に参加してからおもちゃが気になるようになりました。」「このおもちゃ高いんですよね。」などの声や「おもちゃであそぼう」などの展示してある本やパンフレットを読んでいる姿などがみられ、継続しているからこそ伺える感想や保護者の変化がみられ、とてもうれしく感じました。

参加者は1歳前後の小さい子たちが多かったので、子どもたちに大人気のクーゲルバーンを「ワニセット」と「保育園のもの」と合わせて使用しました。2歳ぐらいの子どもたちには、おままごとも人気があったのでお皿や鍋、やかんなどのおもちゃを足して遊びを広げました。

少しずつ、家庭で育っている親子の遊び方がわかり、何を好むのか、どんな遊び方をしているのかが見え始め、提供の仕方や声かけがうまく行くようになってきました。今後は、セットの中に入っている「年齢が合わずに使用されずにいるおもちゃたち」を紹介品したり、「少し成長したときに出会いたいおもちゃコーナー」などを作っていきたいと思います。


 
 
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場 in 須賀川市総合福祉センター

2010年10月26日
須賀川市総合福祉センター3Fキッズ広場内にて『おもちゃの広場』開催

◆開催日:10月16日(土)13:00~15:30
◆参加対象:講演会参加の親子・福祉センター利用の親子(幼児~小学生)
      18組約50名 その他不特定多数の方が利用
◆広 報:須賀川市、郡山市、岩瀬郡周辺にて講演会開催の周知
 岩瀬・須賀川地区協議会、須賀川市教育委員会、マメタイムス社、阿武隈時報社、その他チラシ配布

◆広場の様子
 ・家庭教育講演会とのタイアップで、託児も兼ねての開催となった。
 ・子どもたちは、赤い箱が来るなり「なんだ?」と言わんばかりに覗き込み、おもちゃだとわかった途端に周囲に集まってきた。
 ・人の出入りが多い場所だけに、万が一のことを考えてローラーカップの使用は避けることにした。
 ・クネクネバーン・くるりんチャイム・サボテンバランスゲームは終始引っ張りだこ状態。 ときに、引っぱりあいになるのを大人たちが宥めながら、交互にあそんだり、じっくり見入ったり。


◆今後に向けて:幼児だけ出なく小学生(低学年)の参加もあったことと、会場がかなり広かったため、おもちゃたちが広範囲に移動しては戻すという作業が何度も繰り返された。
小さい子どもさんのためにも、年齢の幅を見ながら、もう少しスペースの制限をしてもよいと感じた。

*申し訳ありません。カメラの調子が悪く、画像のアップに少々お時間をいただきます。(さとう)
広場レポート 東北地区 | Trackback(0)

東京都国分寺市子ども家庭支援センター 10/16(土)12:30~15:00  佐藤ゆきの

2010年10月25日
10/16(土) 12:30~15:00 支援センタ-2階 子ども77人 大人62人 かめセット

センターのお祭りに日にちを合わせて赤ちゃん木育広場とおもちゃの広場を同時開催。
センターのおもちゃも加えてたくさん用意しました。
土曜日ということもあり、普段来館している乳児の兄弟の参加も多く0歳児から小学生と保護者、家族揃って遊ぶ姿が見られました。
落ち着いた部屋に、マットや畳を敷き、おもちゃを対象年齢別にコーナー分けし乳児もゆったり安心して遊べるようにコーナーを作りました。
今まで触れることのなかった木製の「おもちゃ」が沢山あり興味を持って遊んでもらえました。
親子で工夫し共感したり、他の親子が遊んでいる姿を見て遊びの広がる場面も多くみられました。
おままごとや積み木など数の多いものは数人のグループで、ごっこ遊びをする子も多くいました。
「このおもちゃはどこで買えるんですか?」等、スタッフに質問もあり、次回開催を楽しみにしてくれている様子でした。
センターお祭りに合わせ、土曜日だったこともありお父さん、兄弟の参加が多く楽しんでもらえて、良かったと思います。
次回はおもちゃ広場、木育広場、木育寺子屋を同時に開催予定です。



おもちゃ広場
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

盛岡市つどいの広場「Kokko」   若林みどり

2010年10月20日
 平成22年度おもちゃの広場イン「Kokko」第3回
  
  H22年10月10日(日)10:00~12:00 13:00~15:00
      会場  盛岡市第2つどいの広場「にこっこ」 中の橋通 中三デパート4階
       
     盛岡市では「Kokko」が好評のため第2のつどいの広場を新たに開きました。
    県森林組合の協力で岩手県産木材を使った心地よい遊びとなっています。
     そこで当初の予定ではなかったのですがおもちゃ広場を開催しました。
    やはり初めての地区で珍しさもあって随分と喜んで参加していました。また地域も
    普段から年齢層が高い方が利用する商店街なので、おじいちゃん、おばあちゃんとの
    参加も多く、ふわふわフーズやクッキングセットなどはクリスマスプレゼントとして
    興味深く触っていたようです。これからも定期的に開催できたらと思っています。
              参加人数  21組58人
  H22年10月12日(火)・13日(水)10:00~12:00 13:00~15:00
      会場  盛岡市つどいの広場「Kokko」
     「Kokko]は恒例となっているので、待っている親子が率先して参加していました。
    またトントンくるりんは相変わらず取り合いになるくらい人気があり、アウリスグロッケン
    の音色にみんなうっとり…。くるりんカー、ガラガラライオンなど一見地味にみえるものは
    遊んでみせたり、よく説明してあげることで良さを実感していただきました。
     今後もていねいな対応に勤めたいと思います。
              参加人数   12日 12組30人
                     13日  9組21人   

     
広場レポート 東北地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場イン角田市図書館まつり 宮城県角田市

2010年10月19日
おもちゃコンサルタント38期生 土屋高志(てんたん人形劇場)

角田市図書館まつりでの『おもちゃの広場』開催。

◆開催日:10月9日
11:45~12:15 :人形劇の後に,簡単におもちゃの広場の紹介。
13:00~15:00 :おもちゃの広場,始まり始まり~。
15:00~    :片付け・おもちゃ確認。
◆参加対象:図書館まつり来場の親子(乳幼児。小学生)
◆広報:図書館まつりちらし
◆セット:テントウムシセット
◆広場の様子
・午前,図書館依頼の人形劇の上演,午後,同じ場所でおもちゃの広場を行う。

イン図書館まつり
(図書館の職員の方が作ってくれた看板、感謝。)

ビリボ

・15組以上の親子が参加。両親で来られている方も2組。小学生も多く。高学年の子も楽しんでいた。

ピクニックバスケット

ウィリーバグてんとうむし(L)


・それぞれのおもちゃを楽しんでいたが,くるりんチャイム・クネクネバーンはやはり人気。親子で,兄弟で,ボールや車を交互に入れたり,一人じっくり繰り返したり,必ず誰かがやっていた。

ニューくるくるチャイム

クネクネバーン

・くまごろりは,何度かやって見せると,自分からやってみようとする子もたくさんいた。

・10月9日ローラーカップのビー玉だけは小さい子がいるときは使う時だけ出した。
ローラーカップ

◆今後に向けて:メイン会場から離れていたわりには人は集まった。今後続けることで、また、会場内の案内を工夫することで、もう少し来場者が増えるとよいと思う。
広場レポート 東北地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場 in 浦安子育て応援メッセ

2010年10月13日
浦安子育て応援メッセ ベビー広場内での『おもちゃの広場』開催☆

■開催日: 9月25日(土)11時~12時
■参加対象:メッセに来場された親子(乳幼児)
■広報:  浦安市広報、所属している団体「子育てテラスふらっと」広報紙

■広場の様子
今回は、『浦安子育て応援メッセ』会場内での”ベビー広場”にて開催しました。
このイベントは、浦安市の協力のもと行政をはじめ、民間やボランティア団体がおこなっている子育て支援サービスを子育て中の保護者にご紹介するものです。
例年、多くの市民の方が来場されるということで、会場内のベビー広場をお借りして「おもちゃの広場」を開催いたしました。

goodtoy2.jpg

スタート時はパパと乳幼児のお子さんの参加が多くみられ、ぎこちないながらもオモチャを使って子どもとコミュニケーションをとろうとしているパパが印象的でした。

メッセ1

その後、メッセ会場に人が集まり始めると子ども(幼児以上)が興味をもち、参加する姿がみられました。
年齢を問わず今回人気だったのは「くるりんチャイム」。
常に誰かが玉をいれて楽しんでいる状態でした。
1時間だけの開催でしたが、この狭いスペースで20組以上のお子さんとその保護者が入れ替り立ち替わりでご参加いただきました。少しの時間ですが良いおもちゃに親しんでもらえたと思います。
ただ後半は子どもだけの参加が増えたので細かい部品のおもちゃを片づけましたが、安全管理と保護者とのコミュニケーションが充分にとれなかったことが残念でした。次回への課題とします。

おもちゃコンサルタント41期生 石野圭子
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

北海道標津町 宇野美奈子

2010年10月11日
開催日時  平成22年10月2日(土) 
      午前10時から12時
開催場所  標津町文化センター
来場者数  116名

《開催に向けての広報関係など》
図書館・児童館祭りでの開催であった為、広場としての広報は行わず、同まつりのチラシの中に掲載する。
町内保育園、幼稚園、子育て支援利用者に配布。新聞折り込みと新聞の記事としても掲載される。

《開催中のスケジュール》
1日 17時    会場準備
2日 8時30分  会場確認・打ち合わせ
   10時    会場 
          投扇興コーナー(TC佐々木桂さん)
          おもちゃ販売 (小樽キンダーリープ)
   12時30分 終了・片づけ・おもちゃ確認


《子ども達や保護者の様子》
図書館・児童館まつりの一環としての開催は、ここ数年継続されているので定着しつつある。
以前は「おもちゃのひろば」を覗くものの「ここはあかちゃんのところだね」と言って素通りしていた
小学生がほとんどだつたが、投扇興のコーナーの認知度も高まり中に入って遊んで行く小学生も多かった。
幼児を連れた親子にも、定着しつつあり毎年楽しみに来場してくれる。また、根室などから保育園など現場
で働く大人の方も多く参加していた。実際、遊んでみてすぐ購入できる「キンダーリープ」の存在は大きい。

小学生の中には、カードゲームを楽しみに来場した子もいたが、十分なスタッフ体制が取れなかった今回は
ゲームコーナーを作らなかったので遊びきれずに残念であった。
これまでの広場では最高人数の来場者で会場が狭く混雑してしまいのんびり遊びこむということができなかった。
幼児の中には、たくさんの人にびっくりして中に入るのを嫌がる子もいた。
祖父母連れの親子も多く嬉しく感じた。

《人気のあったおもちゃ》
カプラ―小学生が狭いスペースだったにも関わらず楽しんでいた。小さい子に壊されるのだがそのやり取りが楽しい様子だった。
とんとんくるりん―繰り返しと玉のゆっくり落ちる様子が楽しいようで小さい子が夢中でした。
よっこらぞう―大人にうけていました。
ままごと―初めて会場で会った子同士がすぐ仲良くなれる広場には欠かせない物の一つです。

《今後に向けて・反省》
とんとんくるりんの玉と同じような大きさのおもちゃがあり、何度も間違えて入ってしまい取るのに苦労しました。会場設定をもっと細かい点にも注意して設定する必要性を感じました。
また、ひろばとしても定着してきた分、来場者の「また、あれで遊びたい」という期待を裏切らないようにする必要があると感じました。会場が狭かったのも反省です。スタッフの問題もあり、さまざまな期待に答えられるように準備をする必要があると改めて感じました。


広場レポート 北海道地区 | Trackback(0)

「おもちゃの広場」in岩手  細川俊子

2010年10月01日
日 時 2010年9月21日(火)10:00~12:00
場 所 雫石町子育て支援センター(七ッ森保育園内)
来場者 大人9名 子供12名
広 報 支援センターからのおたより・ポスター
使用おもちゃ「かたつむりセット」と個人のおもちゃ
協力者 支援センターの職員2名

前回のおもちゃの広場が楽しかったから、と楽しみにして来てくださった方が多かった。
0から3歳未満のお子さんがほとんどで、ハンマーボールやスネイル、スクイッシュ、ままごと遊びが人気だった。スウィッチピッチやビリボはお母さんたちに人気で、自分の子供さんを乗せて回してあげたりしていた。
全てのおもちゃで一通り遊んだ後は、カプラが大人気だった。職員やお母さんたちが高く積み上げては子供さんが崩して歓声をあげたり、ドミノ遊びを楽しんだりしていた。



日 時 2010年9月22日(水)10:00~12:00
場 所 津志田保育園子育て支援センター(盛岡市)
来場者 大人20名 子供24名
使用おもちゃ「かたつむりセット」と個人のおもちゃ
協力者 支援センターの職員3名


いつもと違うおもちゃがあると期待して、会場いっぱい多くの親子が来てくれた。
気に入ったおもちゃでいつまでも遊んでいる子、そのおもちゃで遊びたそうにしている子などいたが、お母さんたちもうまく別のおもちゃに誘ったりしていた。
スクイッシュを手にして「これはどのように遊ぶのですか?」との質問があったり、説明が書かれたカードをじっくり読んでいるお母さんの姿も見られた。
ほとんどの方が10時から来ているのに、12時まで夢中になって遊んでいるのにちょっと驚いた。
支援センターの担当の先生も「みんな、ずっと遊んでいるのがすごいですね!」とおっしゃっていた。



日 時 2010年9月25日(土)13:00~14:30
場 所 雫石公民館
来場者 親子15組
使用おもちゃ 「かたつむりセット」
協力者 町内の保育園職員2名

朝から雫石町の子育てフェスティバルが開催されていて、その中でグッド・トイ展示のコーナーが設けられた。
午後なので子供たちも少ないだろうと「かたつむりセット」だけの持込にしてみた。
年齢が大きい子供たちも来て、ビリボやスウィッチピッチなどで楽しそうに遊んでくれた。
ボランティアできている中学生たちにもおもちゃは人気だったので、来年は個人のおもちゃも加えようと思った。

広場レポート 東北地区 | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。