スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場(郡山市にこにここども館)

2010年11月23日
11月6日(土) 

10:00~15:00

郡山市にこにここども館 3階 研修室 

参加人数 約 120組

スタッフ  10名 おもちゃコンサルタント2名

おもちゃ  てんとう虫セット ほっぺこちゃん貸し出し用おもちゃ ココネット・マムフェルトおもちゃ

*あかちゃんおもちゃコーナー
*おままごとコーナー
*買い物ごっこコーナー
*おもちゃコーナー
*てづくりコーナー

に 同じ室内の中を コーナーにわけて 落ち着いて遊びやすいよう配置

今回、郡山おもちゃ病院設立準備会のみなさんにもきていただき

おもちゃ病院コーナーも つくりました。

広報は、 ブログ ツイッター と 地元新聞社2社 ママたちのつくる子育て情報誌 hughugに掲載

10時スタート で 11時~30分くらい
「いいおもちゃってなあに?おもちゃとあそびの話」のミニセミナー

午後は、同じ 階の 和室で 30組定員で 「赤ちゃん木育寺子屋」を開催

寺子屋をしている間も おもちゃの広場は 開催していました。
IMG_0467_convert_20101109165806.jpg


IMG_0510_convert_20101109170248.jpg


IMG_0456_convert_20101109170205.jpg
IMG_0559_convert_20101109170433.jpg

IMG_0546_convert_20101109170342.jpg

201011061051000_convert_20101123161816.jpg



土曜日開催ということもあり、家族みんなで参加が多く
お父さんの参加がかなりあった。
郡山の中心部 市役所の隣ということと 駐車場がたくさんあり
参加しやすかったという声がおおくありました。

おもちゃ病院設立準備会のこわれたおもちゃ受付コーナーにも
かなりこわれたおもちゃが集まり
参加者からも おもちゃをなおしてもらえるのがうれしいと感想にありました。

たくさんのおもちゃで じっくりあそんだり おもちゃの話を聞ける機会を
継続してお願いしますという 感想も多かったです。

この日は、市内の小学校が学習参観日だったところが多く
乳幼児がほとんどで、小さいおこさんたちには本当に
おかあさんやおとうさんとゆったり遊べる 広場になりました。

おもちゃコンサルタント 通信28期 上前昌子



スポンサーサイト
広場レポート 東北地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場 in 水戸 2010年11月17日(佐々木博子)

2010年11月19日
水戸にて3回目のおもちゃの広場です。
参加者は15組35名、スタッフは佐々木と補助者2名。
10時30分からの開始予定でしたが、早めに来場してくださった方がいたので10時にオープンしました。
子どもたちは0才から4歳児で2歳児中心、中にはお父さんも一緒に遊びに来てくれたご家族もいました。

 歩き回る年齢のこが多かったせいか、まずはてんとう虫に人気が集中。次々と乗り回しなかなか順番が回ってきません。
 お母さん達に好評だったのはメロディカー。「オルゴールと木と車という組み合わせが素敵」と評判でした。
 それから不思議さで注目を集めたのはビリボ。「どうやって遊ぶの?」という質問に、たとえばこんな使い方・・・ということを示してみると「おお~、すご~い!欲しい!!」との反応。それから「どこで売ってるの?」という質問を何人もから受けました。ビリボに座ってグルグル回りだす子続出で、大きな笑い声が響きました。

会場は出入り自由にしていたのですが、ほとんどの方が出て行くことなく、おもちゃを一点一点楽しまれていて、会場内は熱気であふれていました。
Tくん(参加者とお話しが弾んだり、おもちゃの説明をしているのに夢中で写真を撮るのを忘れた!
最後の最後まで残ってくれていたT君にモデルをお願いしました。)

最後の30分は佐々木の「わらべうた」。簡単にできる軍手人形も使って8曲+絵本1冊のプログラム。自然と周りに集まってくれて、歌や手や身体がグッドトイであることを実感。
土足厳禁のカーペットの部屋だったこともあり、ゆっくりくつろいでいただけたと思います。
軍手人形
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

「おもちゃの広場」&「楽つみ木広場」

2010年11月15日
おもちゃの広場
カラコロツリー
 [開催日時] 2010年11月3日(祝) 13時半~16時
 
 [場所]   町田市忠生市民センター ホール
 
 [参加人数] 大人9名 子ども9名   *スタッフ 「おもちゃコンサルタント」仲間1名
                          「楽つみ木広場」メンバー5名
                           子どもボランティア  3名
                          (たくさんの方々にご協力いただきました。)

 [利用セット] ぞうセット

 [広報]   ・町田市各市民センターへチラシ
        ・保育園、幼稚園へ掲示
        ・開催地近くのス-パ-・パンやさん等へ掲示
        ・私の住む町内会の掲示板・回覧板 等

 [タイムスケジュール]
         ・13:00  「おもちゃ」・「楽つみ木」搬入
         ・13:40  「楽つみ木」ワークショップ開始
         ・15:30   ワークショップ終了
         ・16:00  「おもちゃの広場」終了。 
               「おもちゃ」を片付けて会場を元に戻し終了。

  今回の「おもちゃの広場」は「楽つみ木広場」の方々にご協力いただいての同時開催。
   ワークショップを一斉に始めて、赤ちゃんから大人まで最初は「楽つみ木」にふれてもらい、
   みんなで楽しみました。
   そのままずっと、つみ木で遊ぶ子どもも大人もいましたが(みなさん夢中でした!)
   小さいお子さんは、その後自由に音・色・動きのある「おもちゃ」の方に移動して遊べる
   ようにセッテイングしました。

   人気があったのは・・・「カラコロツリー」
                「ひっつき虫」
                「クネクネバーン」
                「プラズマカー」など・・・

 楽つみ木広場
   開催日が祝日という事もあり、お父さんの参加もあり、
   お子さんと一緒になり、真剣に「つみ木」で遊んでいる姿がとてもほほえましかったです。

    「親の私はつきそいのつもりで来ましたが、子ども以上に楽しんでしまいました!」
    という、とてもうれしい声がありました。

   「つみ木」や「おもちゃ」等を通して、
    親子の交流はもちろんですが、地域の交流、多世代の交流の場を
    こらからもつくっていきたいと思います。
R0011173 (480x640)


       おもちゃコンサルタント 41期 江連順子(えづれ)
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

藤沢市のメンバー活躍情報

2010年11月14日
藤沢のおもちゃコンサルタントメンバーが、
 ~第8回子育て応援メッセinふじさわ~に、
今年もおもちゃの広場タンポポとして参加します。
参加して3回目になりますが、毎年好評で参加される親子に喜ばれています。

今年はメッセの特集記事が、湘南シニアネット「えのぽ」にUPされています。
「おもちゃの広場 タンポポ」のブース紹介を依頼され記事が掲載されました。

湘南シニアネット「えのぽ」

事務局からのお知らせ | Trackback(0)

おもちゃの広場インむつみ学園 宮城県柴田町

2010年11月13日
おもちゃコンサルタント38期生 土屋高志(てんたん人形劇場)
児童デイサービス施設『むつみ学園』において開催。

◆開催日:11月9日
10:30~11:15 :人形劇と人形劇の間に,簡単におもちゃの紹介。
11:15~11:45 :おもちゃの広場。
12:00~    :片付け・おもちゃ確認。
◆参加対象:むつみ学園に通園する幼児と保護者,職員。
◆広報:特になし
◆セット:テントウムシセット
◆広場の様子
・人形劇の二つのお芝居の間におもちゃの紹介をし,人形劇終了後におもちゃで遊ぶ。
・12人のお子さんが保護者の方とともに参加。職員の方は8名。
・NEWくるりんチャイム・ローラーカップ・クネクネバーンは人気。繰り返しを何度も楽しんでいた。

NEWくるりんチャイム
ローラーカップ
クネクネバーン
クネクネバーン

・ビリボは,大人に乗せてもらい楽しんでいた。
・森のメロディーカーは,前後どちらに進めても心地よい音が流れるのが保護者の方の関心を集めていた。まだ身体を大きく動かせない子どもも楽しめると感じた。
・くまゴロンは,保護者の方が,何度かやって見せて,楽しませていた。よく集中してみていた。
・木育広場のおもちゃも一緒に使う。「木のおもちゃいいですね」という声も聞かれた。

ピクニックバスケット
のせっこバス

・人形劇とセットでおもちゃの広場は30分ぐらいと短めであったが,それぞれの子が気に入ったおもちゃで楽しめたのではないかと思う。
広場レポート 東北地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場@但馬(10月)~新温泉町&養父市~

2010年11月10日
☆開催日時&会場 
 ①平成22年10月25日(月) 10:00~11:30
   子育てサロン関宮(兵庫県養父市関宮)

 ②平成22年10月29日(金) 10:00~12:00
   ふれあいセンター ゆめっこランド(兵庫県新温泉町湯)

 ③平成22年11月2日(火) 10:00~13:00
   子育てほっとステーション「ココニコ」(兵庫県養父市八鹿町) 
   
    ↓「ココニコ」は、ショッピングセンター内にある常設型子育て広場です 
    Sココニコ (2)
    Sココニコ (1)

☆利用セット  
  ぱんだセット

☆来場者数   
  ① 親子7組16人 + 社協担当者1人
  ② 親子18組43人 + 先生2人 + 社協担当者1人
  ③ 親子6組(約15人) + ボランティアさんなど3人 
   (子育てボランティアに係わる方などの見学者がありました)

☆広報  
  チラシの原稿を、会場責任者の方に託して、広報手段は一任しました。

☆タイムスケジュール   
  (いずれも)
    40分ほど前    おもちゃ搬入 会場準備
    定刻        おもちゃの広場開始
    開始から約20分後 トーク
        ★おもちゃセットについてのお願い
       ★おもちゃ紹介ミニトーク(約5分)
         「エデュコファニーフェイス」 ~ルーピングトイの魅力
         「ヴァルターむかで」 ~プルトイの楽しみ方
       ★カンタン手作りおもちゃ「ストローロケット」「簡単紙ヒコーキ」

       ※但し、③の会場は常時開放型なので、トークタイムはなし。
    トークタイム後    自由遊び & フリートーク
    閉会30分前     片付けの声かけ
    定刻          閉会
    閉会30分後     搬出完了

☆子ども達や保護者の様子   
 ○どの会場にも、他のおもちゃや、おもちゃ以外の気になるものがありましたが、
  あっちに行ったりこっちに来たりで、楽しんで過ごしてくれました。
 ○手作りおもちゃにも興味をもたれる親御さんも多く、質問も受けました。
    Sふれるー (1) 
    ↑ペーパーロール芯のいないいないばあ
    Sふれるー (2)
    ↑キュー笛の手作りおもちゃも大人気!

  
☆人気があったおもちゃ   
  【ハンドインハンド】 ひとり遊びもできますよ、と伝えるとハマるお母さんが続出しました。

  【木のままごとオーブントースターセット】
    ままごとの周りには、ままごとに活用できそうな他のおもちゃも集まりました。
     s-ゆめっこ (1)
     ↑パーラービーズで作ったおはじき状の形は、ままごとで大活躍♪  
  【カプラ】
    小さいうちは崩すことだけで満足する、ということを目の前で納得すると、
    お母さんがホッと安心するように感じます。

     s-ゆめっこ (2)
    ↑このような形に子どもが一人で並べる姿を、私は初めて見ました(#^.^#)
     広~い場所でカプラを広げると遊びも広がりますね


☆次回に向けて 
 前回の開催(9月)の際に新聞に掲載していただいた反響が予想外に大きく、TCに興味を持った
 方が見学に来られたりしました。
 参加者の方にも新聞を見ました、という方が時々あり、気持ちが引き締まりました。
 今回実施したミニトーク&カンタン手作りおもちゃなどをもっと充実させたいです。

☆レポート記録者 
 田路寿美(TC通信20期/TCM3期)
広場レポート 近畿地区

おもちゃの広場  おやこYYひろば

2010年11月09日
開催日時:平成22年11月4日(木)8日(月)10:30~15:30
場所:岐阜県山県市 おやこYYひろば
利用セット:さめセット
参加者:4日親子18組43人
      8日親子6組12人
広報:子育て支援施設ちらし設置、掲載 まぐまぐ配信


YY1


YY2


YY3


会場の様子
いつもの「ひろば」に違うおもちゃがあるので、子どもたちは、それに向かってまっしぐら。シロフォンとドラムは、ひっぱりだこ。でもじょうずに貸し借りしていました。カプラは、どうやって遊ぶのかわからない様子だったので、高く積んでみました。すると、見向きもしなかった大人も子どもも、寄ってきて、さらに積み始めました。ある子は、バスケットにいっぱい入れて、お買いものごっこ。いろんな遊びへとかわっていきました。

次回に向けて
同じ場所での開催は、利用者が固定してしまうので、いろいろな会場で行うとよいのかもしれない。

おもちゃコンサルタント32期 浅野美香子
広場レポート 中部・北陸地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場@但馬~兵庫県朝来市&養父市~

2010年11月09日
※レポートが大変遅くなり、すみません!!※
☆開催日時&会場  
 ①平成22年9月22日(水) 10:00~11:30
   高柳子育てサロン(兵庫県養父市八鹿町)

 ②平成22年9月29日(水) 10:00~11:30
   和田山子育て学習センター(兵庫県朝来市和田山町)

 ③平成22年9月30日(木) 10:00~11:30
   生野子育て学習センター(兵庫県朝来市生野町) 

和田山-看板
 ↑オリジナルの、のれん風看板もおなじみになりました

☆利用セット  
  かめセット

☆来場者数   
  ① 親子20組44人 + サロン運営スタッフなど2人 + 社協担当者1人
  ② 親子33組(約70人) + センターの先生など3人
  ③ 親子16組(約35人) + センターの先生など2人

☆広報  
  チラシの原稿を、会場責任者の方に託して、広報手段は一任しました。

  また今回の開催では、①の会場には地元紙(神戸新聞)と市のケーブルテレビ、②の会場には
  読売新聞の地方版担当記者さんが来られ、紹介していただきました。
高柳-CATV
 ↑部屋の隅からケーブルテレビさんが撮っています
   
☆タイムスケジュール   
  (いずれも)
    9:20ごろ    おもちゃ搬入 会場準備
   10:00      おもちゃの広場開始
   10:20ごろ    トーク ~おもちゃセットについてのお願い、おもちゃ紹介など~
  (トークタイム後) 自由遊び & フリートーク
   11:20ごろ    片付けの声かけ
   11:30       閉会
   12:00ごろ    搬出完了
☆子ども達や保護者の様子   
  いずれの会場も、子育て広場として定期的に開かれている場で、季節の行事なども行っていますが、
  特別なイベントがあると参加者が多い、とのこと。
  特に②の会場が毎年大人数になるのですが、とても和やかに開催できました。
  書籍『おもちゃで遊ぼう』や、おもちゃ(メーカー品、手作りとも)に対する質問もたくさん受けました。
生野-木馬育にチャレンジ ←木馬育は達成感を味わうことができますね

☆人気があったおもちゃ   
  【森の合唱団】 ステキな音に魅了されたお母さんが多く、本気で「買いたい!」という声までありました。
 和田山-記者&人気おもちゃ 
 ↑木のおもちゃに集まる親子、写真奥は新聞記者さん

  【色遊びCD独楽】  私物で、手持ちのCDと銀河工房さんから買った「アルミ軸」で作った独楽も用意
  して行ったので、どの会場でもアルミ軸の購入についての質問がありました。
 生野-CDゴマでシンバルモンキー 
 ↑上手く撮れませんでしたが、シンバルモンキーごっこをしていました

  【キッチンセットⅡ】
    キッチンの使い方はその子その子の個性が発揮され、楽しいクッキングが繰り広げられました。
  【カプラ】・・・セット外
    いつもカプラは大人気。「ナイアガラの滝」のワークショップの話にも、たいていのお母さんがすごく興味を示します。
 高柳-カプラにハマる♪ ←手軽なタワー作り、子どもも横から参加します

  
☆次回に向けて 
 ①は、市の社協さんがコーディネイトする子育てサロンのうちのひとつ。4月とは別のサロンに出前することができ、市社協さんとの連携は今後も続けていきたいと思っています。

 また、②と③の会場は隣の市の子育て学習センターさんですが、市内4ヶ所のセンターが密につながっておられて、「おもちゃの広場」に関しても4ヶ所とも同じ条件で出前させてもらっています。
いずれの会場も、年1回の恒例行事として来年度も開催させていただける予定です。 

☆レポート記録者 
 田路寿美(TC通信20期/TCM3期)
広場レポート 近畿地区

「おもちゃの広場」in岩手 細川俊子

2010年11月03日
日 時 2010年10月23日(土)14:30~15:30
場 所 岩手県立療育センター
協力者 療育センターから2名・岩手グッドトイ委員会から1名


療育センターの「遊びの日」に合わせて広場を開催させていただいた。
入所している子供たちが、お父さんやお母さんと一緒に遊んでくれた。
前開催地から直接届く筈だったおもちゃが、残念ながら間に合わなかったが、あらかじめ準備してもらった療育センターのおもちゃと私個人のおもちゃに合わせて「赤ちゃん木育広場」の木育セットも持参していたので、無事開催することができた。




日 時 2010年10月28日(木)10:00~12:00
場 所 雫石町子育て支援センター
来場者 大人7名・子供8名
広 報 支援センターからのお便り・ポスター
使用おもちゃ 「らいおんセット」と個人のおもちゃ
協力者 支援センターの職員2名

 細川さん

新しいおもちゃに目を輝かして手に取るお母さんと子供たちだった。
子供たちに人気だったのは「トントンくるりん」「ガラガラライオン」など、音がでるおもちゃだった。
「こわっぱ」や「くるりんカー」のような動きがおもしろいおもちゃは、お母さんたちに大人気だった。
0から2才までの子供たちだったが、2時間たっぷり遊んでもらった。
広場レポート 東北地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場  川崎市宮前区すきっぷドレミ園

2010年11月02日
すきっぷドレミ園

「おもちゃの広場」ひろばレポート
 利用セット「はりねずみ」
開催日時:平成22年10月16日10:00~15:00
会場名 かわさき保育室 すきっぷドレミ園
参加者:42名


<開催タイムスケジュール>
お知らせ方法
保育園へ掲示
近隣公園へのポスター貼り

 9:30~おもちゃの陳列
  ↓
10:00~オープン 好きなおもちゃで遊ぶ
  ↓
11:00 イベント開始
  パネルシアター
  手遊び(焼き芋グーチーパー)
  工作とんぼ飛行機

  ↓
11:30 カフェタイム
  煎れたてのコーヒー、紅茶で参加者同志の会話も弾みます。

  ↓
12:00昼食
  ↓
13:00 パネルシアター、手遊び、工作

  ↓
15:00 終了
   おもちゃの片付け、整理

<報告>
土曜日開催ということで、父親と子どもの参加が多かったです。
父親どうし休日を子どもと一緒にのんびり、ゆったりとし良い雰囲気の場が作れました。

5才の女の子は、お父さんと積み木で大きなものを作って満足そうでした。
1才9カ月に男の子は桃太郎の引っかき虫が気に入ってずっと遊んでいました。

昼食を持参した家族とスタッフとで一緒に食事をしながら会話もはずみました。
    
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。