スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場in柳津児童館

2012年08月02日
おもちゃの広場in柳津児童館2nd(岐阜県岐阜市)

☆てんとうむしセット☆
(岐阜県の県産材を使った木のおもちゃ4種類、美濃市の保育士10選の木のおもちゃから3種類、
岐阜県林政課と木育推進委員会からお借りしました)

☆7月18日(水)11:30~12:10☆

☆児童館来館の未就園児親子約20組☆

2か月続けての、柳津児童館でのおもちゃの広場です。
同じおもちゃでしたが、
飽きずにたくさんの親子が遊んでくれました。

IMG_0030 (640x569) IMG_0038 (640x480)

岐阜の木のおもちゃとグッドトイ。
両方をつかず離れずの所に置いておくのですが
グッドトイは、比較的そのおもちゃそのものの遊び方で長く遊ぶ子が多いのに比べ
木のおもちゃは
その質感や色合いが同じだからということもあるのでしょうか
比較的、ミックスして遊ぶ子が多いように思えます。
ミックスして遊ぶ中に、ぽん、と
グッドトイの中から木のおもちゃが混じっていたり。
IMG_0043 (480x640) IMG_0039 (480x640)

木のおもちゃはケースまで遊びにつながります。
IMG_0044 (638x440)

とはいえ、ビリボは乗りたい人たちが続出。気持ちよさそうにスウィングしていました。
IMG_0032 (640x526) IMG_0048 (581x640) 

何度持ってきても、積み上げてくれるみなさん。
IMG_0039 (480x640) IMG_0037 (640x599)

つながる・立ち上がる。新たな展開を発見した子。
IMG_0045 (640x480)

大人が仕掛けたタワー、リクエストに応えて倒してくれた子。
IMG_0049 (517x640)

定期的に開催することで
遊びの深まりと、参加のこどもたちの成長を感じた、今回の広場でした。

TC通信34期 加藤理香

スポンサーサイト
未分類 | Trackback(0)

おもちゃの広場in本郷児童館(岐阜県岐阜市)

2012年08月02日
おもちゃの広場in本郷児童館(岐阜県岐阜市)

☆てんとうむしセット☆
(岐阜県の県産材を使った木のおもちゃ4種と美濃市の保育士10選のおもちゃから3種類を
岐阜県林政課と木育推進協議会よりお借りしました)

☆7月13日(金)10:00~11:30☆

☆児童館に遊びに来た未就園児親子+子育てサークル およそ40組☆

本郷児童館さんは
岐阜市の街中にある児童館。
今回はじめて、広場を開催しました。
通常遊びにきた親子のみなさんに加えて、
この児童館を拠点にしている子育てサークルさんの活動の一貫としての参加しているグループがあり
親子で遊ぶ姿
おもちゃを輪の間において、お喋りの花がさくところ、と
それぞれの自然なおもちゃとのかかわりがうかがえました。
IMG_0007 (464x640)

今回の一番人気は、これ、といえないくらい
多様な展開でしたが
まあるい積み木とバランスボールとおとしものブロックを組み合わせた
こんな世界観で遊んでくれた親子がいたり
IMG_0006 (605x640)

やっぱり、ひたすら凸凹積み木をつなげたくなった親子がいたり
IMG_0014 (464x640)
大勢の中にあっても、日常のあそびを含みながら
おもちゃと関わりをもってくれているのが、とても微笑ましく思いました。

少し大きなお子さん(2歳代)が多かったため、
子ども同士でのコミュニケーションがあったり
IMG_0002 (538x640)

遠くに投げたい子
IMG_0007 (464x640)
ハマってみたい子
IMG_0018 (640x563)
覗きたい子
IMG_0025 (640x479)
そして、踊る子
IMG_0024 (478x640)
この子は、
ローラーカップがお気に入りで
カップの顔の傾きにあわせて、
お尻をフリフリしていました。
動画でお見せできないのが、心から残念です。

こどもはいろんな経験をする夏にうんと成長する、と
昔保育士さんに言われた気がします。
このおもちゃの広場での経験が、そんな成長の一翼を担えたら素敵だな、と思った広場でした。


TC通信34期 加藤理香
未分類 | Trackback(0)

おもちゃの広場inアイリスキッズぎふ(岐阜県岐阜市)

2012年08月02日
おもちゃの広場inアイリスキッズぎふ(岐阜県子育て支援施設)

☆てんとうむしセット☆
(岐阜の県産材を使った木のおもちゃ4種類、昨年の美濃市の保育士10選のおもちゃから4種類を
岐阜県林政課および木育推進協議会よりお借りしました)

☆7月2日(月)10:30~11:30☆

☆参加…0~3歳までのお子さんとママ9組☆

アイリスキッズぎふは
岐阜県のつくった、子育て応援ステーションとして
岐阜市南部のショッピングモール内に設置され、
平日は未就園の親子が、遊びに来たり、託児をしたりして利用しています。
県産の木のおもちゃ5種類が常備されていますが
おもちゃは、決して充実しているとは言い難いのですが
おもちゃへの関心の高いママたちが遊びにきてくれました。

それほど広くない会場におもちゃを設置、
それおぞれが、順番に、おもちゃを手に取って遊ぶ姿が見られました。
中でも人気なのは、やはり、これ。
IMG_0008 (465x640)
普段は誤嚥のおそれのあるおもちゃは出さないのですが
この時には、ママに注意をしてもらうことで
楽しく遊べたようでした。

ちいちゃい子は、ビリボが好き。
IMG_0011 (480x640)
すっぽりはまって、ゆ~らゆら。
ビリボは良く
「どうやって遊ぶものですか?」と質問されますが
ここは、ママのアイディアの出しどころ、思いつくように遊んでください、とお話します。
お外ではお砂場や水遊びにも使えますけど、
決まりはないんですよ。
でもそれは、ここにあるすべてのおもちゃに言える事。
お子さんの、こうして遊んでみたい気持ちに寄り添ったり
ママがピンときたインスピレーションを展開するのが
コミュニケーションの醍醐味ですから、と。

IMG_0015 (341x640) (2) IMG_0018 (640x480)

積んで、倒すこと、
見立てて会話をすること、
ほんのちょっと前まで、ママたちだってやっていたこと。

気持ちがほぐれていくにつれ
どんどん、お子さんとの遊びが広がっていきました。

未分類 | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。