スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場in本巣子育て支援センター(岐阜県本巣市)

2013年07月26日
おもちゃの広場in本巣子育て支援センター(岐阜県本巣市)
  ★開催日時 7月24日(火) 10:30~11:30
  ★参加対象 未就園児親子
  ★使用したおもちゃ はりねずみセット+ぎふの木のおもちゃ(つみぼぼ、凸凹つみき、まあるい積み木、メタモック、バランスボール、森のオトシモノブロック、音鳴る積み木、Jブロック)

ひと月弱、合計7カ所開催した、おもちゃの広場の最終日。
今までとは、ちょっと違う雰囲気での開催になりました。
参加人数も10組と少ないこともあったのですが…
おも広本巣18

何か違うのか。
子ども達と向き合うママと、まったく一緒に過ごさないママとが極端に分かれたからです。
最初にお話することは、同じ。
危ない場合もあるから、お話しながら一緒に遊んでくださいね。
という、目の前で話している私に全く注意を向けないママたちの一角。
樹種プレート(まあるい積み木にセットされている、木の種類を示すプレート)を手渡すことで、やっとこ話を聞いてくれました

そのママたちの2歳位の大きな子達は、力任せに遊ぶ、おもちゃを取り合う、大きな声で泣く。
会場の先生たちは、そんな子達を見守りながらも両手はその妹弟を抱えなくてはならず
ママたちは、自分達でどんどんと話し込む。

こんな調子で始まったので、どうなるのかと思ったのですが。

勿論一緒に遊ぶママもいて、楽しそうにしていました。
おも広本巣2 おも広本巣8この子はメタモックで時間をかけて大作を完成させていました
つみぼぼも、こんな風に積んじゃいましたおも広本巣1 


お友達同士で話し続けたママたちは
最後まで子どもと遊ぶことよりも、お喋りの報にウエイトが高いままでしたが

他のお友達がおもちゃと向きあう姿に触発されて、子ども達自身が少しずつ、自分の楽しい遊びを見つけて行くようになりました。
おも広本巣19 おも広本巣24 おも広本巣13
おも広本巣22 おも広本巣20 おも広本巣3 おも広本巣23かんぱ~い♪


取り合うよりも、執着せずに他のおもちゃで遊んでも楽しい、という気持ちのスイッチができてきて
そうやって遊んでいると、
先生たちが面白がってくれる、褒めてくれる。

遊ぶ、会話する、遊びが続いたり発展したりする

ママと触れ合って言葉のやりとりをすることで学ぶことが一番ですが
そういうことが不得意なママたち(不得意なんじゃないですね、多分どうしたらいいのかわからない)が
遠くから見てる(もしくは見ていない)状態でも
他の大人や子どもがいる中で、
距離の取り方を感じ取ることはできるんだなあと思いました。
そんな、不思議なちからがおもちゃにはあるのだと、
発見のあったおもちゃの広場でした。
おも広本巣21
                                       (通信34期 加藤理香)
スポンサーサイト
広場レポート 中部・北陸地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場in糸貫西幼児園子育て支援センター(岐阜県本巣市)

2013年07月25日
おもちゃの広場in糸貫西幼児園子育て支援センター(岐阜県本巣市)
  ★開催日時 7月22日(月) 10:30~11:30
  ★参加対象 未就園児親子
  ★使用したおもちゃ はりねずみセット+ぎふの木のおもちゃ(つみぼぼ、凸凹つみき、まあるい積み木、メタモック、バランスボール、森のオトシモノブロック、音鳴る積み木、Jブロック)

はじめましての会場ですが
事前に先生方が、「おもちゃがいっぱいくるよ」「おもちゃであそべるよ」と
この施設を利用するママたちに伝えてくださったおかげで
とっても素敵な広場になりました。

普段より、ずっと多い16組の親子が来場したとのこと。
お部屋の大きさやおもちゃの数にちょうどいい、良い雰囲気になりました。
おも広糸貫・5 おも広糸貫・1 おも広糸貫10

広場開始前、おもちゃのお話、木育のお話をしています。
「おもちゃは、そこにあるだけではモノ。でも、ママとお子さんの間にあって、そこに遊びが産まれれば「おもちゃ」になります」
「森から来たおもちゃたちです。お子さんに森を手渡してあげてください」
そんなお話に、しっかりと耳を傾けてくれたママたち。
みんな、お子さんと一緒に遊んでいます。
誰ひとりとして、携帯やスマホを触りません。もちろん写真も撮りません。
これって、凄いこと、と思いました。
みんな、楽しそうに遊んでるから、子ども達ものびのびと遊ぶ。
感激でした。

おも広糸貫14 おも広糸貫39 おも広糸貫38
おも広糸貫32 おも広糸貫20 おも広糸貫26スーパーアクロバットが電車ごっこに!!
子ども達の想いを先回りすることなく、遊びに寄り添うことで
一歩間違うとケンカになるそうなシーンも、お友達と一緒に遊んで喜び合える遊びになりましたおも広糸貫・4

こころがほどけて、面白さをいっぱい発見できている子ども達でした
おも広糸貫・3 おも広糸貫・2 おも広糸貫30 おも広糸貫24○ おも広糸貫22 おも広糸貫②

中には、普段遊びに来ている時とは違う表情をみせた子がいた、という先生がいらっしゃいました。
普段は、あまり表情がないのに
今日は、自分のペースで納得いくまで考えて手を動かせたことで出てくる、豊かな表情を見られて良かった、と。
おもちゃは、子どもたちのちからを引き出す魅力があると
知っていただけて、とても嬉しく、こちらでやって良かった、としみじみと思いました。

ママのそばで安心して遊び
自分の想いのままに手を動かし頭を動かしして

他の子を受け入れる素地が出来たのでしょう。
あちらこちらで、大きい子達ではありますが、
遊びの世界観の共有をしている姿を見ることができました。
おも広糸貫31 

とてもいい雰囲気の中、名残惜しそうに散会。
また後期もできたらいいね、というお話がでました。

このご縁が、ずっと続きますように。
                                 (通信34期 加藤理香)





広場レポート 中部・北陸地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場in柳津児童館(岐阜市)

2013年07月25日
おもちゃの広場in柳津児童館(岐阜市)
  ★開催日時 7月17日(水) 11:30~12:30
  ★参加対象 未就園児親子(自由参加行事「おやこでわいわい」)
  ★使用したおもちゃ はりねずみセット+ぎふの木のおもちゃ(つみぼぼ、凸凹つみき、まあるい積み木、メタモック、バランスボール、森のオトシモノブロック、音鳴る積み木、Jブロック)


恒例になった、月一回の行事「親子でわいわい」の中でのおもちゃの広場。
今回も20組を超える親子が遊びにきてくれました。
おも広柳津7月15 おも広柳津7月6

7か月~3歳児という
年齢の幅のある参加者さんたちはですが
それぞれ、お気に入りのおもちゃを見つけては遊び、見つけては遊び、を繰り返していました。
おも広柳津7月7 おも広柳津7月3

ここでも、プルトイは大人気。
涼やかな音と、木の重量感がなんともいえないのでしょう。
おも広柳津7月5 おも広柳津7月11お遊戯室にガムテープで引かれた線路を使って遊ぶ子も

東京で行われた世界おもちゃサミットでは
いろいろな方にお目にかかることができました。
その中のおひとりが、東海学院大学の先生で
柳津でのおもちゃの広場に、校外授業の一環として、
10名の学生さんと一緒に見学に来てくださいました。
おも広柳津7月8

写真のつみぼぼに限らず、新鮮なまなざしで遊ぶ学生さんたち。
おもいっきり、おもちゃで遊んだ記憶があったかどうか、お話を伺いそびれてしまいましたが
会場の誰よりも、真剣におもちゃに向き合っていました。
子育て支援を学ぶ、というより、自分たちのこども心に向き合う時間になったのではないでしょうか。

そして今回のベストショットはこちら。とってもキュートでしょう?
おも広柳津7月1
                                    (通信34期 加藤理香)
広場レポート 中部・北陸地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場in東児童センター(岐阜市)

2013年07月25日
おもちゃの広場in東児童センター(岐阜市)
  ★開催日時 7月12日(金) 10:30~11:40
  ★参加対象 児童センター近隣の未就園親子(自由参加行事)
  ★使用したおもちゃ はりねずみセット+ぎふの木のおもちゃ(つみぼぼ、凸凹つみき、まあるい積み木、メタモック、バランスボール、森のオトシモノブロック、音鳴る積み木、Jブロック)

前回実施した時には、とてもたくさんの親子が訪れ
様々な遊びのシーンをみせてくれた、遊び上手さんのいる地域。
きっと今回も盛り上がるだろうと、おもちゃを持って訪れると

先生方の怪訝な顔。
年度末に打ち合わせをしたっきり、連絡を取っていなかったため
この日は「夏祭り」行事を入れたとのこと。

ショック!を受けてもいられないので
夏祭りの一環として、会場におもちゃを置かせてもらう事をお願い、快諾いただきました。

前回のような「スペシャル感」がなかったので
参加したのは5組の、どの子も2歳という親子。
でも、仲良しさん同士らしく
どのお子さんとも、どのママとも、和気あいあいと遊ぶ姿が見られました。
おも広東5 おも広東3

手指も上手に動かせる年齢なので、細かい作業の伴う遊びもお手の物。
おも広東20 おも広東18
おも広東23 バランスだって上手にとれちゃいます。

ひととおり、グッドトイで遊ぶのですが
今回は、NEWグッドトイ「つみぼぼ」が大人気!!
先生が楽しそうに、積むおも広東15

おも広東16 楽しそうなので、ボクもそばで並べる

こんな積み方だってできちゃうおも広東11

おも広東22金魚すくいでつかったお皿にだって入れられるの♡

写真は撮らなかったのですが
ドミノ倒しをさせようと、ママ達がつみぼぼを並べます。
並べる→子ども達がやってきて倒す、を繰り返していたのですが。
最初は、無造作に手を振り回して、イキオイで先頭のつみぼぼに手があたるので
数体が倒れても、あとが続かない状態でした。
それが、だんだんと、動きをコントロールするようになり
最後には、上手にぽん、と倒すようになりました。
列の最後まで、ぱたぱたと心地よい音を立てて倒れるつみぼぼに
会場全員で拍手。その子の誇らしい顔といったら!!
こどものチカラを信じて、楽しんで育ちを待つ大切さを見せていただいた時間でした。
                                            (通信34期 加藤理香) 


広場レポート 中部・北陸地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場in真正子育て支援センター(本巣市)

2013年07月25日
おもちゃの広場in真正子育て支援センター(岐阜県本巣市)
  ★開催日時 7月9日(火) 10:30~11:40
  ★参加対象 本巣市在住の未就園親子(自由参加行事)
  ★使用したおもちゃ はりねずみセット+ぎふの木のおもちゃ(つみぼぼ、凸凹つみき、まあるい積み木、メタモック、バランスボール、森のおとしもの積み木、音鳴る積み木、Jブロック)


数年前からご縁をいただいて、本巣市の子育て講座の第一回を担当させていただいています。
そこで話題にしたところ、とんとん拍子で、本巣市内3カ所の支援センターでの広場実施が決定しました。
子育て中のお母さんたちに、おもちゃで楽しく遊んでもらいたいという
保育士さんたちの想いが伝わり、初回のこの日をわたしも楽しみにしていました。

園庭解放の日でもありましたが、10分も外にいたら
頭から水をかぶったように汗が出るこの日、
多くの親子が涼しいセンターに遊びに来てくれました。
本巣おも広全体4 本巣おも広全体1
普通の園のお教室位の広さの場所に、30組オーバーの来場者。
こちらの手違いで、この部屋にあるおもちゃまで出て、なかばカオス状態でしたが
お母さんたちの意識が高く、
ほとんどの親子が向き合って遊んでいました。
本巣おも広プルトイ 人気のおもちゃ、やっと手にできて嬉しいお顔
おねえちゃんと一緒にお弁当、美味しい♡本巣おも広おべんと美味しい
きり株の中に、不思議なモノがいっぱい。つかまり立ちの子にはちょうど良い高さなのです本巣おも広オトシモノブロック
酷暑の中、お家で発散できないエネルギーのある子が来場したのか、比較的大きい子達が多く
見守られながらも、自分の世界を楽しんでいる子あり
本巣おも広ビリボ 本巣おも広きくおうくん1 本巣おも広職人くん1

何故か胸に「白木の音当て積み木」を入れて、ドヤ顔を見せてくれる子あり本巣おも広どや顔
美味しそうにしている子あり本巣おも広スルメ?(一瞬、スルメを銜えているのかと思いました。眉間のシワがシブい 笑)
また、お友達同士、同じように遊びながら、言葉にならない楽しみを共有している子達がいたり。
本巣おも広コマ 
虫釣りの横の穴から見えるお顔をじっと見ている子がいたり。本巣おも広 ばあ~

改めて、おもちゃ=コミュニケーションツールである、と実感。
たくさん遊んで、たくさん笑った、おもちゃの広場でした。

                                          (通信34期 加藤理香)


広場レポート 中部・北陸地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場 in黒須公民館(入間市)

2013年07月13日
おもちゃの広場in入間市 黒須公民館

広場 黒須公民館


おもちゃコンサルタント
田中 京子
♢日時
2013,6,23(日)
9時30分から12時まで

♢場所
黒須公民館 和室

♢開催にむけて行った広報など
・黒須公民館だよりに記事を掲載してもらう。
・公民館にチラシを置いてもらう。
・回覧板で回してもらう。
・ポスター制作し近隣の親子の家庭に配る。
・ポスターを近隣に掲示してもらう。

♢開催中のタイムスケジュール
・おもちゃ美術館のおもちゃで遊ぼう。
(段ボール滑り台もあるよ)
・びっくりカメラを作ろう。
・ストローグライダーを作ろう。

♢参加人数
・20名

♢子ども達や保護者の様子
 毎回おもちゃの広場は当日予約なので人数の把握が難しい。前回はたくさんの方が見えましたが、今回は20名前後の方だったので対応も丁寧に出来たと思います。親子でおもちゃを遊んでいましたが「説明さらないと遊び方がわからない」と教えてくれた方がおられました。次回はそこを直していこうと思いました。

広場 黒須公民館    広場 黒須公民館

♢人気のあったおもちゃ
・カプラ
・おままごとセット
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場in黒野児童館(岐阜市)

2013年07月10日
おもちゃの広場in黒野児童館
  ★開催日時 7月4日(金) 10:40~11:40
  ★参加対象 児童館の幼児クラブ1歳児と自由参加の未就園親子
  ★使用したおもちゃ はりねずみセット+ぎふの木のおもちゃ(つみぼぼ、凸凹つみき、まあるい積み木、メタモック、バランスボール、森のおとしもの積み木、音鳴る積み木、Jブロック)

岐阜市の西北にある黒野児童館さんは
おもちゃの広場をはじめ、これまでも多岐にわたってお世話になっている場所ですが
今年度になって、職員の方がおひとりを除き移動新任になったので
その方たちにとっては初めての広場になりました。
準備からお片づけまでお手伝いをいただく中で、楽しそうにおもちゃを感じてくださいました。

お手紙などで告知をしていただくのですが
待ってましたとばかりにお問い合わせが多かったとのことで、32組の親子が来場くださいました。
おも広黒野21  おも広黒野22

子ども達は気分にぴったりなおもちゃを見つける天才。大人がこんな姿勢をとったら絶対腰痛必至です。
おも広黒野3


はりねずみセット、テーマが「くるりん」なのではないかと思うくらい
会場のあちらこちらで、くるくる回ったり、くるっとひっくり返ったりして遊ぶ姿が見られます。
たとえば、こま、とか
おも広黒野2  おも広黒野7

ビリボとか
おも広黒野33  おも広黒野17

そういえば、このおもちゃもくるくるしてますね
おも広黒野15

岐阜の木のおもちゃでは、積みマニアを発見!
おも広黒野11  おも広黒野30
 
今回人気があった森のオトシモノブロック。
切り株になった、木のくりぬきに、さまざまな形の小さな木の積み木が入っています。
なんだろう、と興味津々なご様子おも広黒野10
おも広黒野
こちらは、中身を空にした切り株をずりずりと運んで、中にバランスボールというおもちゃを入れようとする子

それぞれの〝今”に合う好奇心を満足させて遊ぶ姿にあふれたおもちゃの広場でした。

本日の「どや顔」おも広黒野23              (通信34期 加藤理香)

広場レポート 中部・北陸地区 | Trackback(0)

6/18おもちゃの広場 in甲府(メリーゴーランド主催)

2013年07月08日
おもちゃの広場 in 甲府 メリーゴーランド主催

  ★開催日時 6月18日(火) 10:00~11:30
  ★参加対象 参加予約された親子
  ★使用したおもちゃ かたつむりセット

甲府市にあるリバース和戸にて、今年1回目のおもちゃの広場を開催しました。
10数組の乳幼児とお母さんが参加してくださいました。

毎月顔を合わせている親子が中心の参加でしたので、おもちゃを囲んで和気あいあいとした雰囲気の中、みなさんリラックスされているいるようでした。スタッフが発達相談の専門家や、看護士、保育士なので、会の中でお母さんたちの相談に乗ることもできました。

ウドゥンパル着せ替え人形は、「お父さんのスーツの端切れを使ってる!」や「子どもが着られなくなった服の端切れを思い出に使うのは?」などママたちが盛り上がりました。

やっとおすわりができるようになった子が多く、オーボール、森のメロディメーカーなどその場でも楽しめるおもちゃ、プルトイをお母さんが引いてはいはいで追いかけるなどして遊ぶ姿が見られました。

手作りおもちゃは「ぽっとんおもちゃ」。子どもたちをスタッフが見守る中、ママたちは思い思いのおもちゃを作っていました。早速、おこさんが遊んでくれてママもにっこり。
この時間がリフレッシュの場となり、また日常を楽しめる元気を持ち帰ってもらえたら幸いです。
次回は、8/6(火)開催予定です。
広場レポート 中部・北陸地区 | Trackback(1)

おもちゃの広場 IN千葉市白旗台地区子育てサロン  齋藤雅代

2013年07月06日
IMG_0245.png

7月1日宮崎公民館にて。
おもちゃの広場は2回目。子どももおとなも楽しんでいます


IMG_0236.png
これもやってみよ~
IMG_0241.png
これも楽しいよ。
                     

IMG_0243.png
手作りのいないないばーも人気でした。

交流の場としての子育てサロンは口コミで広がります。
いろいろな子育ての集いのなかでも地域のスタッフがいることもいいようです。

それにしても楽しく過ごすことのできること。おもちゃの力を感じます。








広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

2013年07月06日
未分類 | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。