スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場INあいにー広場

2014年10月26日
おもちゃの広場INあいにー広場  つづき
9月3日(水)に行った、おもちゃの広場。

参加してくださった親子さんは
「私も使ってみた~い」
と、ママも子供にかえって楽しんでいました。

りんごの落ちる速さなど、プチ解説に納得!のみなさんでした。

あいにー広場先生方にも大変お世話になりました。
ありがとうございました。

ふくしま あこ
スポンサーサイト
広場レポート 東北地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場IN あいにー広場

2014年10月26日
9月3日(水)
白河市の子育て支援センター『あいにー広場』で
おもちゃの広場を開催しました。

たくさんの親子が集まり
なかなか白河ではお目にかかれないおもちゃに
興味津々!!!♡♡♡
あという間に時間が過ぎてしまいました。
次回は11月10日(月)を予定しております。

今回とは少し違ったおもちゃを持って遊びに行きます。
お楽しみに。
未分類 | Trackback(0)

第3回 子育て支援おもちゃ広場 in 鹿嶋

2014年10月23日


日 時:2014年10月21日(火)午前10:00~午前11:30
場 所:めぐみ保育園(鹿嶋市浜津賀)
テーマ:子育て母子と高齢者の世代間交流
参加者:41名 内訳母親15名 乳幼児19名 高齢者3名(93歳、78歳、78歳) 保母さん3名 おもちゃコンサルタント1名
主 宰:おもちゃコンサルタント50期生 鷲田孝保
玩 具:①『なでしこセット』19点 ②主催者所有の玩具15点

広 報:子育て支援事業に参加している母子と地域の高齢者に人伝で参加を呼びかけた。
広場の内容、エピソード
 ・集まり出した母子から、おもちゃ遊びを開始。高齢者は始めての参加であった。椅子に座り、集まってきた母子と一緒   におもちゃで遊んだり、子どもをあやしたりした。終始にこやかに交流していた。
 ・3回目のおもちゃ広場の開催のため、母子ともに好みのおもちゃがあって、それを中心に遊んだ。
 ・主催者が持参した新奇なおもちゃの中で、『転上コマ』(木工房てんとう虫)が大好評で、大人と年長児が不思議そうに  何度も何度も繰り返して遊んでいた。
 ・『ジャンプ and キャッチ』(本年度グッドトイ選定玩具)は、乳児以外の幅広い年齢幅に人気があり、失敗と成功が    はっきりしているので、成功すると回りの子どもも母親も拍手してほめると子どもはうれしくて飛び上がって喜びを表現  していた。
 ・走り回ったり、おもちゃを触りまくっている子どもには、同じおもちゃで出来るだけ長い時間遊ぶことが大切であるとそれ  となく母親に伝えた。
 ・全員で片付けを行った。子どもたちも参加。最後にお礼の挨拶をして終了。
 感想
 ①高齢者と母子の交流は、おもちゃ遊びを通じて、和やかでスムーズであった。多世代間の交流としては成功であった。  高齢者も子どもが大好きで、子どもも高齢者が好きであり、母親はその交流を安心して見ている様子は本当にほほえ  ましい雰囲気であった。
 ②母親に、『うちの子をだっこしてください』と赤ちゃんを預けられた。母親は『良かったね、うれしい?』と子どもに話しか  け、一緒に遊んだ。これは、今回が初めてであった。母親の信頼を得てきたという実感がわいた。
 ③15組の母子が、おもちゃを通じて交流し、それに高齢者も参加し、子どもにとっても、母親にとっても、高齢者にとって  も人と人との基本的な信頼を培う貴重な体験の場であった。このような場をこれから定期的に地域で作っていけたらよ  いと心から思った。
ヒヤッとしたこと
 怪我も事故もなかった。
破損
 ①『ままごといっぱいセット』の中の、包丁が破損。広場終了後、TCが接着剤で仮修理したが、力の入る柄の部分のた   め、使用しないほうが良い旨、次の担当者にメールで連絡した。事務局の担当者が、間髪入れずに、代わりのものを   次期開催者に送付していただいた(感謝!)。
 ②広場終了後、『消毒スプレー ビオレU』で、おもちゃをふき取り、次期開催者に発送。

検討事項
 ①箱に貼り付けてある『おもちゃのリスト』と『なでしこセット』のおもちゃが一致していない。
 ②写真の番号と、なでしこリストの番号が一致していない。
おもちゃの照合に戸惑うので、一致させるようにご検討ください。

広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場 粟野コミュニティ

2014年10月22日

「おもちゃの広場」ひろばレポート

小島 文子  ゆりセット 第2回 9月19日 10:00~11:30 

≪場所≫ 粟野コミュニティセンター           親子34組 72名 

≪広報≫ 鎌ケ谷市の広報に掲載   毎月のおたよりに掲載

≪タイムスケジュール≫

 10:00~ 受付開始(随時受付をして、おもちゃの広場の簡単な説明)
               自由遊び
               ハロウィーン工作コーナー(おもちゃのコンサルタント・村田さん)

11:15~ 手遊び
         おもちゃの広場について、おもちゃについて 、粟野コミセンについてなど

  11:30   終了

186 (640x480)

HIMG0543 (640x480)

≪様子≫ 「おもちゃの広場」を目的にたくさんの参加がありました。
       1歳児の参加が多く、お母さんと一緒にひっぱて遊ぶおもちゃでお散歩している姿は、とてもかわいかったです。
       ねじるおもちゃを、根気よくとったり、つけたりしていた男の子。「指先が器用ですね。」と声をかけると、ママもうれしそうでした。

193 (640x480)


 工作コーナーはクレヨンやシール貼りを楽しみ、すてきなハロウィーンカードができていました。
 スタッフの子育てサポーター(ボランティア)さんも、「めずらしいおもちゃがたくさんあるから、自分自身がワクワクします!」とママ達と一緒にお子さんとたくさん遊んでくださいました。

192 (640x480) (2)


広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

おもちゃ広場 in 埼玉医大国際医療センター

2014年10月17日
おもちゃ広場

in 埼玉医大国際医療センター

TC 網野 絵美

参加者 子ども 2名
大人 5名

日本でも、すっかり定着したハロウィン。
病棟へ着くと、お部屋の前にはすっかりハロウィンの装飾。
一回目から参加してくれているSちゃんが、ハロウィンのマントを着てスタッフの到着を待っていてくれました。

聴いたところ、おもちゃの日はカレンダーにチェックを入れて、ずいぶん前から楽しみにしていてくれたそう。
私達にとって、こんなに嬉しい言葉はありません。

今日は、ちょうど入院したばかりの2歳の子がいると伺って、会えるのを楽しみにしておりましたが、ちょうどお昼寝をしてしまっていました。
他にも、お昼寝してしまっている子がいたそうで、人数は少し残念でしたが。。それにも負けず?大変盛り上がりました。

初めて来てくれた男の子は、キャプテン・リノで3階建てのマンションを一生懸命作ってくれました。

途中から、看護学生さんも様子を見に来てくださり、一緒にカップ並べに大奮闘でした。
結果は、5歳女子の一人勝ち。(笑)
直感的なゲームは、本当に子どもは強いですね。





「また来てね!」と満面の笑顔を見せてもらい、「また来るよ!」と約束をしました。
治療をがんばっている子供たちに、本当にたくさんのエネルギーをいただいた時間になりました。
次回もまた頑張りたいと思います。
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

おもちゃの広場 in 千葉市若葉区

2014年10月06日
8/8(金)に千葉市子育てリラックス館都賀にておもちゃの広場が開催されました。

0歳児さん10組定員でしたが満員での開催となりました。


さっそく届いたおもちゃの「コスモス」セットが会場内に所狭しと並べられます♪

おもちゃの広場8-1

コスモスセットは赤ちゃんたちが好きなおもちゃがいっぱいで
みんな目がキラキラしていました。

おもちゃの広場8-2
おつきさまのおもちゃは、遊び方も幅広く
小さい子でも遊べます♪

8-4.jpg
このカップ、積み立てたり入れたり、面白いんです^^

8-5.jpg
お座り前の赤ちゃんも、目が真剣。おもちゃ目がけてズリズリ前に進みます♪


赤ちゃんは夢中!
ママも子供に帰っていい顔していましたよ^^

中にはママのほうが夢中になる方も。
もちろんそれで良いんです^^ママも子供に帰って楽しむのが一番。
ママが楽しいと赤ちゃんも楽しいですからね♪
お子さんもママの表情、雰囲気を感じ取って一緒に楽しんでいましたよ。

掲載はほんの一部でしたが、沢山の笑顔をありがとうございました。

おもちゃコンサルタント
三上 ちか
広場レポート 関東地区 | Trackback(1)

北海道標津町 宇野美奈子

2014年10月04日

・開催日時  9月17日 水曜日 10時~16時
・開催場所  親子交流館「おひさま」(子育て支援センター)
・参加人数  11組28名
・開催スケジュール
        8月の「おひさまだより」で、開催内容等掲載、おひさま掲示板にポスター掲示
        9月16日     会場準備
          17日 9時  会場確認  10時  開始   


DSCN2005 (640x480)



DSCN2001 (640x480)

・会場の様子
  楽しみにしていた親子も多く、10時の開場とともに来館した。この日は、幼稚園もお休みだったため、入園前に
 親子交流館を利用していた親子も久しぶりに来館した。
  はじめは、どのおもちゃで遊んだらよいのか、迷う様子も見られ、一通りを触って確かめる子が殆どである。
 母親は、そんな我が子に、少々戸惑いを見せるが、子どもなりに確かめている時間であることを伝えると安心
 した様子であった。
  いよいよ、それぞれお気に入りが見つかると、じっくり遊び始めている。一番人気は、北海道グット・トイの所有
 する「くっつきムシ」これは、母親にも人気があり、穴の中から、磁石にくっついて虫が出てくるたびに笑顔がこぼ
 れていた。このムシだけを集めて、ままごとの食材にする子もいた。
  「クネクネバーン」は、男の子に人気。まだ、小さな子は、上手く車を坂に乗せられず、苦労していたが、やっと
 乗せ車が動き出した時の満足した表情は、なんとも言えない嬉しさでいっぱいだった。
  同じく男の子に人気だったのが、「ツミニィ」何度も繰り返し、仕掛けがどうなっているのか研究する男の子が
 いたほどである。
  「楽しい魚釣り」は、幼稚園児が、数人集まり遊んでいた。地域がら、お父さんが漁師のお家も多く、生活に密
 着した遊びに発展していた。釣った魚は、ままごとのバケツに入れられていた。

DSCN1999 (640x480)

  「イン&オン」や「もざいくzoo」でも、じっくり遊ぶ姿がみられていた。母親の関わりが、とても大事で、そばで見
 守り子供の言葉を上手く受け取り、会話も楽しんでいる様子が伺えた。
  今回の「ひろば」は、参加者は11組と少な目であったが、幼稚園児がいることで、0~5歳児と、年齢の幅があり
 異年齢児のかかわりも多くみられた。少ない人数ではあったが、途中で帰ってしまう親子はなく、最後までじっくり
 遊びこむことができた。

DSCN2004 (640x480)

DSCN2006 (640x480)


・人気のおもちゃ
  「ひっつきむし」「楽しい魚つり」「もざいくzoo」「ツミニィ」「クネクネバーン」など

・今後に向けて
  新しいおもちゃがあると自分自身、遊び方を楽しく伝えきれない物もあるので、自分自身の事前の勉強が大切で
 あることを痛感した。


              
              
広場レポート 北海道地区 | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。