スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場 IN 各務原市

2008年07月15日
◆かたつむりセット

◆第2回目、7月3日(木)9時~10時40分

◆参加者

1歳時の親子9組18名

◆場所
岐阜県各務原市総合福祉会館、3階、会議室




◆開催に向けて行った広報など

①娘(年長)と息子(年少)の幼稚園の遠足でビラを配布した

②息子(1歳)の乳児教室でビラを配布した

③自身の子育てヘルパー養成講座の講師と受講生にビラを配布した

④メールアドレスを交換したママには メールで開催を知らせた。

suzukisann



◆開催中のタイムスケジュール

9:00~、オープン、おもちゃの搬入しつつ準備
10:00~手作りおもちゃ指導
10:40~片付け
~11:00 部屋の鍵返却


◆子ども達や保護者の様子

①1歳児ばかりのため ずっと座っている子、歩く子と成長の個人差が大きいと感じた。ママ達も 腰をおろしてゆったりと過ごせた様子だった。

②歩けるようになった子は プルトイをひっぱって自慢げにあるいていた。

③カプラの不思議な魅力に取りつかれたママは 子どもそっちのけで 作品作りに夢中になれた。ママも 育児で疲れているようで「久しぶりにのめり込めた」と喜んでおられた。
④子どもの同じ目線の高さに“おもちゃの説明ボード”を貼り付けた事で こどもを見守りつつ じっくりと説明書きを読まれている姿がみられた

◆人気のあったおもちゃ

・プルトイ(むかで)
玉の色の変化や 形が楽しいらしく むかでを見ながら後ろ向きで歩いていた

・ウッデン パル
「何!これ!!」と絶叫された。布を調達したり立体的に着せたり 遊びに幅がでる教えるとママにはとても衝撃的だったようだ。

・キラキラボトル
作り方を知りたいママばかりだった。後日連絡のつくママには、材料を分けたり 作り方を教えたりした。
suzukisann2



◆次回にむけて
大雨の中「今回も参加者がいないのだろうか」という不安を抱きつつも 大勢の方が参加してくださり嬉しかった。
息子をおんぶしての一人での活動なので、参加された親子それぞれに しっかりおもてなしができていただろうかと思った。
しっかりと参加者同士が友達になっていく良い場になっている手応えを感じたので 今後とも地道に活動をしていきたい。
広場レポート 中部・北陸地区 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。