スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場IN横浜都筑民家園

2008年07月15日
おもちゃの広場IN都筑民家園

木村さん2

報告が遅くなり申し訳ありません。

日時:2008.6.22

場所:横浜市都筑区、都筑民家園(大塚歳勝土遺跡公園内市民活用施設)

使用セット:かえるセット+自作の布おもちゃ(魚釣りセット、手袋野菜・果物セット)+
       ドイツカードゲーム+積み木(国産間伐材)+手持ちおもちゃ。
       初めてのこと少し欲張りすぎました・・・

参加者:親子93人、スタッフ10人(子育て支援スタッフ5名、トイコン2名、ボランティア3名)

開催に向けた広報:横浜市区報(毎月1回発行、民家園行事として)、ミニコミ誌(タウンニュース、子育て支援事業として)、チラシ印刷2000部(区内市民活動PRボックスなど)
           
今回の企画は中央老金助成プログラム「こども青少年育成・地域の多世代の人たちの交流促進事業」ーアソビはマナビーとしてNPO法人、りんぐりんく(子育て支援NPO)と都筑民家園の協力者事業として実施。
木村さん3


開催のタイムスケジュール:
11:00~  開会あいさつの後、おもちゃの広場(触れて、動かして楽しめるグッドトイ)
              出入り自由
11:30~  親子DE手作りおもちゃ(牛乳パックのパクパクアニマル。ストロー飛行機)
              予約制:20名→実際は29名になりました。
12:45~  お話し会(スタッフはお片付け、食事スペース確保)
13:00~  かまどDEじゃがいも(地元でとれたじゃがいもを昔ながらのかまどで料理)
              当日申し込み:30食
14:00   終了

木村さん1

子供や保護者の様子:
①グッドトイ、自作の布製手作りおもちゃの数々に親御さんからの感嘆の声も多く、親子で触れて楽しんでいた。
②多くのおもちゃを用意したが、同じおもちゃで長遊ぶ子供の姿が多かった。
③子供より、保護者の方が初めて触れるおもちゃも多く、夢中で遊んでいる姿も見られた。
④手作りおもちゃのパクパクアニマルは2から4才児が多く、わかりやすく人気。「これなら家で作れるね、また作ってみます」との声が聞かれた。
⑤かまどDEじゃがいもは、ゆでたてのじゃがいもを塩とバターだけでしたが、親子で、来場者同士和気あいあいと会食していました。
⑥赤ちゃんが大きな積み木をしたり、大きい子が赤ちゃんの遊ぶおもちゃで遊んだり、おもちゃには想定年齢はあっても、ないが如し。

人気のあったおもちゃ:
①トロフレッツクス、②ローラカップ、③お魚シロフォン、④布製魚釣りセット、④手袋野菜の八百屋さん、⑤虹色の蛇

次回に向けて:
①2時間という短時間に100名の参加があったため、慌ただしいスケジュールとなり、グッドトイをゆくり遊びながら学ぶという時間が取れなかった。次回は3時間ぐらいにする予定。
②子育て支援グループとのタイアップした企画であり、スタッフの事前の役割分担を確認することが必要。
③今回は近隣の小学校が父兄参観日のため小学生の参加が少なかった。事前の調査不足。
   (何人かの親御さんからせっかく楽しみにしていたのに、残念とのお言葉をいただいた)
④カードゲームは別の機会にゲームだけで開催してもいいと思いました。
⑤ただし、次回8月はNPOりんぐりんく事務所でかえるセットのみを使い、小規模開催の予定。トイコン1名での対応。
広場レポート 関東地区 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。