スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

北海道 標津 宇野美奈子

2008年11月16日
開催日時 11月2日(日) 10時~14時
会場名
標津町 文化ホール和室 「図書館・児童館祭り」

参加人数 75名 

《開催に向けて行った広場広報関係》
 図書館・児童館まつりチラシに掲載 新聞折り込み
 町内保育園・幼稚園・小学校・育児サークル・子育て支援などで配布
《開催中のスケジュール》
 1日 11:00~ 会場準備
 2日  9:00~ ボランティアとの打ち合わせ
    10:00~ 開場
    11:00~ 手作りおもちゃ「箱カメラ」
    14:00~ 終了・片付け・おもちゃ確認
《子どもたちや保護者の様子》
 開場してすぐに、親子連れが入場。チラシを見て楽しみに来たとのこと。
 2歳の女の子であるが、さっそくシロホォン付きクーゲルバーンに夢中で遊び始める。
 一緒に来た祖母は「こんなおもちゃがあるんだ」としきりに感心していた。やはり、遊ばせてやりたい ものの高価であるという印象がある様子。「ここでいっぱい遊びなさいよ」と言っていたのが印象的。
 その後、毎回来て下さる親子連れもぞくぞくと入場する。保育園の園児も多く、カードゲームを高校 
 生ボランティアと一緒に楽しんでいる。高校生ボランティアのお陰でゲームコーナーでじっくり遊びこ む子が多く助かった。父親の姿も多く、手作りおもちゃ「箱カメラ」ては、父親自身が楽しみ手の込ん だ絵を描き子どもに得意そうに見せていた。
 隣接する児童館では、大がかりな出し物があり100人以上の小学生が来場。そちらで遊んでから
 広場に来る児童がいたが、少しのぞいて幼稚に感じたのか中に入って来る子は少なかった。
 児童館で遊んで、ロビーの椅子に座りこみ携帯ゲーム機で遊ぶ姿が見られた。声を掛けるとしぶし ぶ入ってきたがその後、カプラを積んだりボランティアとカードゲームをしたり、とてもいい笑顔になり
 遊んで行った。児童館・図書館祭りと一緒に開催することで、小学生にもグット・トイに触れてもらう
 ことが出来良かったと思う。

うのさん


《人気のあったおもちゃ》
 カプラ―アングーラ、セラなどの積み木と一緒に組み合わせて遊んでいた。床が畳だったのが残念      であったが、低く組み合わせ町などを作って長時間遊ぶ姿が見られた。
 クーゲルバーン―男の子に人気。座り込み何度も何度も車を走らせ動きを追っていた。
 ミラクルパウンディング―繰り返しが楽しい様子。常に誰かが叩いていた。
 むかで―自分ペットのように会場中連れまわしていた男の子が印象的。
《次回に向けて/今後の広場への要望》
 今年は、他町での開催もあり標津町では今回1回のみの開催でした。「今年はやらないの」という声 も聞かれ、楽しみにしてくれる人がいると嬉しく思いました。今回は高校生ボランティアが大きな力と なりました。携帯ゲームで遊んでいた小学生がおもちゃで遊ぶ表情の変化にも気付かされました。
 小さい子供たちばかりでなく、小学生中学生高校生も取り込みながら、広場を今後も行って行きた 
 いと思いました。


広場レポート 北海道地区 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。