スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

弘前市立百石町展示館

2009年01月17日
レポート記入者   弘前こどもコミュニティ・ぴーぷる 佐々木
会 場       弘前市立百石町展示館
おおよその来場者数  約250名

弘前2

○開催にむけて行った広報
・公共施設・子育て支援センター
・すくすく子育てボード(市内スーパー等6ヶ所)へのチラシ配布
・報道関係への事前周知願い
○開催中のタイムスケジュール
1月 9日(金) 10時~16時  
1月10日(土) 10時~15時
○協力
青森県工業総合センター 弘前地域技術研究所
あおもり木製玩具研究会「わらはんど」
スタッフ・・・弘前大学、弘前厚生学院の学生ボランティアのみなさん

弘前1

○子ども達や保護者の様子
幼稚園、小学校が冬休み中の開催となり、ご家族での参加が多くみられた。
特に10日土曜日はお父さんがお子さんを連れて来場する姿がありました。
乳幼児には“クネクネバーン”“よちよちトレイン”、就学前の子どもたちには“おままごと”“スタック・ボックス”“はめっこパズル”、小学生には“つみき”が人気でした。
また、広場内に当法人が行ったおもちゃドクター養成講座の受講者たちによる「おもちゃ病院」が開設され、多くの壊れたおもちゃの持ち込みがありました。
おもちゃで遊ぶ親子、スタッフの学生、そして壊れたおもちゃを持参されたご年配の方々と幅広い年代の交流の広場となりました。
○人気のあったおもちゃ
クネクネバーン、よちよちトレイン、スタック・ボックス

広場レポート 東北地区 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。