スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

行橋市社会福祉協議会   原 孝子

2010年03月14日
開催日  22年3月5日金曜日 10:00~14:00
会場名  うぃず・ゆくはし
来場者数 約80名

□ 広報 
     行橋市社会福祉協議会との共催で、チラシ・広報紙はともに社協で作成し、告知してもらった。

□ 内容
     ・手作りコーナー
     ・赤ちゃんコーナー
     ・おもちゃ作家コーナー
     ・幼児コーナー
        などに区分し、講演会は行わなかった。

□ 子ども達や保護者の様子
      福岡県の東側に位置し、日産自動車の大きな工場が近くにある町で2度目の開催です。
      11時頃をピークに来場者が80名に達していたが、ほとんどの親子が向き合って遊んでいたので、
     全く混乱はなかった。
      子どもがおもちゃを求めて動いて行くとお母さんも移動して行く姿が見られ、又逆にお母さんが
     トイレに行くなど、移動する場合も子どもが一緒に行く姿が見られた。この年齢では、自然な姿で
     あるが、常にお母さんがそばに居てくれるという安心感から、子どもは集中することが出来たの
     だろうと思う。
      子ども同士のトラブルの際も後をひくことがなかった。
      おもちゃの広場をしていて最近よく思うことが、「こんなに集中して遊ぶとは思いませんでした」
     とか、「飽きっぽい性格なのに今日はよく集中してました」という感想がアンケートによく書かれ
     ていることです。これはおもちゃだけの力ではなく、お母さんの接し方がよかったのだろうと思う。

□ 人気のあったおもちゃ
      出てくるボックス
          何度も積み直すがすぐに崩されてしまう。場所を変えても崩された。
          よほど興味があったのだと思う。

□ 次回にむけて
      手作りコーナーでは飛行機づくりを行ったが、年齢的に作成が難しくお母さんだけの作成になって
     しまった。今後は親子でできるものを用意したい。
広場レポート 九州地区 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。