スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「おもちゃの広場」レポート - 野路智美

2007年09月24日
野路さん1

《利用セット》ぱんだセット
《開催期間》
①6月14日10:00~12:00
     豊中市認可保育園「聖ミカエル保育園」
②6月15日10:30~12:00
      くらむぽんおしゃべり広場
《おおよその来場者数》
①保育園に通う1歳から4歳くらいまでの子ども達が40人くらいと園庭開放で遊びに来ていた親子が13組
②大人が9人子どもが11人 8ヶ月から4歳くらいまで
《開催にむけて行った広報など》
子育て情報誌「くらむぽん通信」のなかにB5サイズのチラシを挟み込んで配りました。くらむぽんのおしゃべり広場は毎月開催しているので、そのとき配っているチラシをおもちゃの広場のチラシに変えてもらって配りました。また聖ミカエル保育園では、毎月くらむぽん通信を配っているのですが、
おもちゃの広場をすることをお知らせしたら、保育園のお部屋を貸していただける事になり急遽開催することになりました。
《開催中のタイムスケジュール》
今回、私自身が全くの初めてであったため、特にプログラムは組みませんでした。おもちゃを見ていただいて遊んでいただければ、そこから自然とコミュニケーションもとれるかなと考えていたからです。開催中は、おもちゃで遊びながらお母さん同士のおしゃべりを楽しんでもらいました。全体をみながら、遊んでいない子のところにいってオーボールのなかに布を入れて出してみたり、トロムメールを鳴らしてみたりと遊び方をさりげなく教えました。
《子ども達や保護者の様子》
おもちゃを見るなり、子どもはすぐに手にとって遊び始めました。男の子だと、バチでたたいたりもしてしまうのですが、でも興味はあって飽きることなく遊んでいたように思います。大人の方も熱心に子どもと遊んでいました。トロムメールの綺麗な音色などには声をあげて喜んでおられました。ゆったりと座った状態で遊べるところでしたので、みなさんお母さん同士のおしゃべりも弾んだようです。子どもたちはときには、独り占めしようとしたり、けんかになりそうにもなるのですが和やかな場の雰囲気からかどのお母さんも上手にあやしておられました。
《人気のあったおもちゃ》
1歳くらいの小さな子どもさんには、くねくねバーンや歩くゾウの動きが人気でした。じっと見つめては何回も遊んでいました。ブロックと積み木とどちらが良いか、と尋ねておられる方もいらしたので、はじめは積み木がよいのではないかというお話とともに、カプラの積み木でも遊んでいただきました。カプラは大人にはかなり人気で、デザインブックを見ながら熱心に積み上げておられたり、高く積み上げたものを子どもが倒したりしてあそびました。ABCボックスは保育園の先生がとても上手に子どもに遊んであげていて参考になりました。
《次回に向けて》
コーナーをわけて遊ぶべきだったなと反省しています。おままごとなどばらばらになってしまって、ゆっくり遊べなかったからです。よちよちトレインもコーナーを分ければもっと楽しく遊べるのですね。皆さんのレポートを参考にさせてもらいながら開催できるので心強いです。次回はもう少し、プログラムを立ててみようと思います。
広場レポート 近畿地区 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。