スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

我孫子市内おもちゃの広場 

2010年08月04日
【開催日時】6月5日(土)  13時~17時 

【場所】Smile the First 店内(子ども服、雑貨販売のお店)

【来場者】14家族 子ども19名 総勢 33名

【スタッフ】主催者本人、店の店主 ( プラス 我が子2人とその友達1人)

【使用セット】いもむし
 
【持ち込みおもちゃ】ビリボ、カプラ、ドイツテーブルゲーム各種、プラステンなど

【広報】 店主のブログ、店主のメルマガ、店内にポスター掲示、子育て広場3箇所へポスターの掲示



【広場の様子】

前日の市民プラザの開催は、乳児がメインでしたが、
ここでの開催は土曜日ということや、我が子の学校関係の親達が子どもを連れて
来てくれたりと、乳児だけでなく、幼児、児童、はたまた、お店にやって来た
60代位の女性の方など、年代はバラエティに富んでいて、
前日の広場とはまたガラッと違った雰囲気の広場になりました。


ここでの開催は、店主の方からのオファーがあり、決まりました。
店主の方がほぼ、宣伝をしてくれたので、来てくださる方は、
お店の常連の方で、私にとってはやりやすい環境でした。

意外や意外(?!)我が子も強力な助っ人となってくれて、
子ども自身はまるで文化祭の模擬店を出店しているような感覚で
来場者に芳名帳の記帳をお願いしたり、靴を脱ぐ事を説明したり、
テーブルゲームなどのルール説明をしてくれたりと大助かりでした。

来場された方も、大人より、子どもの案内の方が、
リラックスして、すぐにその場に馴染めるような気がします。


小学生には、俄然、テーブルゲームが人気がありました。
2年生の男児でも”大工さん”は楽しいようで、夢中になっていました。


親御さんも、それぞれに、子どもと向き合い良く遊んでくれました。
長い方は3時間ほど滞在していたり、
親の方が帰りたくても、子どもが帰りたくなくて駄々をこねる場面も
何度もありました。


おもちゃが間に入り、、
初めてそこで会った子ども同士が仲良くなり、
おままご遊びに興じているのも印象的でした。

テーブルゲームでも60代の女性が、
子ども達と一緒に盛り上がり、
「こんなゲームがあるのね」と喜んでくれました。


乳児を2人連れてのお母さんはプラステンを見るなり、
「このおもちゃ子どもの頃遊びました~!!」と感激していました。

良いおもちゃは親子何代も受け継がれ、遊べる事を
感じて頂けたのではないかと思います。


お店の方のブログにも広場の様子が書いてあります。
http://ameblo.jp/smile-the-first/page-4.html#main



【次回に向けて】

おもちゃの広場2日間に渡り開催しましたが、
開催場所が変われば、参加される方も変わり、
色々な違いを感じました。
店主の方とも開催後に反省会を持ちました。
次回も開催をお願いされています。
次回は事前に、おもちゃの話などを入れて欲しい。との申し出もあります。
参加される方がおもちゃへの意識が少しでも違ってきてくれると嬉しいです。



      *-*-*-*- 橋本光子 *-*-*-*-

未分類 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。