スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場 @但馬(兵庫県養父市)

2011年10月11日
===================================
兵庫但馬(県北部の山間部から日本海にかけての地域)で、年間10回程度、
出前形式のおもちゃの広場を開催しています。
今回はH23年度後期1回目の報告です。兵庫県の「わくわく親広場」とのコラボでした。
                           TC通信20期/TCM3期 田路(とうじ)
===================================


☆開催日時&会場
 平成23年10月3日(月) 10:00~11:30
   子育てサロン伊佐
(兵庫県養父市)
   
 ※広報については、チラシの原稿を責任者の方に託して一任しました
伊1003-チラシ

☆利用セット
  いもむしセット 
☆来場者数   
  親子あわせて約15人 + スタッフ5人 + 社協と県の職員3人 

☆タイムスケジュール   
    9:20ごろ   おもちゃ搬入 会場準備
   10:00     おもちゃの広場開始
   10:10ごろ   トーク ~おもちゃセットについてのお願い、おもちゃ紹介など~
             トークの後はしばらく自由遊び
   10:40ごろ  ミニミニワークショップ(わくわく親広場)~大人も“みたて遊び”に挑戦!  
            ※私の方で用意した、積み木(色・柄等なし)、廃材の小さな素材、
            カプラなどを使って”食べるもの”を、お母さんやおばあちゃんに
            作ってもらいました。
            ケーキ、サンドイッチ、握りずしなど、家族が好きなものをイメージ
            してもらい、楽しくトライできましたが、子どもが自然にしている
            ”みたて遊び”は、大人が改めてやってみると、意外に難しいとの
            声がありました。。

伊1003-みたて 
   11:20ごろ    片付けの声かけ
   11:30       閉会
   12:00ごろ    搬出完了

☆参加者の様子&人気があったおもちゃ     
    子育てサロン伊佐は、養父市社会福祉協議会のサポートのもと、地域自治協議会によって
    運営されています。今回は県の事業とのコラボなので県職員さんも見えて、スタッフが多く
    なりましたが、その分、大人目線でおもちゃを客観的に観察した意見もよく聞けて、私自身
    の参考になりました。
伊1003-看板
 (↑オリジナルののれん風看板と、県の看板を並べて設置) 

  【ローラーカップ】 ・・・大きなビー玉、顔が描かれたカップ、いつでも大人気です
   
  【木のままごと】・・・ママも一緒に夢中!大きめサイズが人気の理由でしょうか。
伊1003ままごと

  【フカフカフーズ】・・・小さな具材まで布で作られていて、ママたちも感心しきり。
   で、お弁当包みは、こんな遊び方も…(笑)
伊1003-いないいない
  (↑ いないいな~い・・・)

☆次回に向けて 
 市の社協がサポートする子育てサロンは市内に数か所あります。
 他市町への出前と並行しながら、市内のサロンを1年の間に一巡するのは無理ですが、社協さんと調整しながら、年に1~2か所のペースで回っています。
 来年度以降もこのペースで続けられたらと思います。
 
☆その他 
 昨年度の「おもちゃの広場」と「わくわく親広場」のコラボがご縁となって、
去る8月29日、兵庫県の児童課の研修会に講師として関わる話が持ち上がりました。
神戸の竹下あきこさんと一緒にW講師を務めた手作りおもちゃ
の講習会、2時間の内容を受講者入れ替えで2回行いました。

県研修0829
 関西だけに漫才コンビ?的なノリで行けたら・・・と思いましたが、実際には緊張もあって、とてもその余裕はなく、終わった時にはホッとしました。
広場レポート 近畿地区

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。