スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

第10回おもちゃの広場in秩父@ウニクス秩父・チャレンジホール(埼玉県)

2013年09月08日
おもひろ10(小)


今回は地元のショッピングモール、ウニクスさんのお申し出により、広さ・設備共にに申し分ない「チャレンジホール」を使用させていただけることに!いつも駐車場関連には悩まされているのですが、ウニクスではその心配も無く、本当にありがたい限りです。

二男の卒園した、森のようちえんNPO法人花の森こども園の親の会のご協力もいただき、この季節にしか出来ない藍の生葉染めワークショップも実施することもできました。夏休み最後の日曜日、早朝の大雨にも関わらず、沢山の方、大体100名弱の方にご来場いただきました。中には、このイベント目当てで、と、群馬や熊谷など遠方からもお越しの方も!ありがとうございました☆

おも広1001

おも広10
今回も会場が広かったので、動き回れるおもちゃ、ビリボ、ローリングエッグありさん、
てんとう虫バギー、、などが、特に男の子に人気がありました。
また、小学生以上の男の子たちには、オーボールがツボにハマり、キャッチボールが延々と続く、、
というのも今回が初めてのことで新鮮でした。

おも広1005
小さな子には、NEWくるくるチャイムがとっても人気。繰り返される丸いものの動き。そして大きくない心地のよい音。このようなおもちゃはやはり、小さな子や赤ちゃんの目に魅力的なのでしょう。

おも広1007
そして、老若男女問わず、、やはりいつも大人気なのがカプラ。今回は、持ち込んだカラーのカプラもあって、みんなで大作に挑んだようです。いっしょにカエルさんジャンプのカエルも参加しています。

おも広1003
おも広1002
他には、昭和30〜40年代に作られたレトロな紙芝居の上演、夏を涼しくする怖い話のストーリーテリングをしました。

そして、今回、このワークショップを目当てに来られた方も多いのでは?という、素敵なワークショップ。
「生の藍の葉で叩き染め!コースターをつくろう」という、葉の生い茂る夏しかできない企画を、それこそ、
こちらも性別・年齢を問わず、楽しみました。もちろん!私もちゃっかり参加してしまいました。

おも広1006
まずは、鮮やかな緑色した藍の葉を選びます。どれにしようかな?

おも広1004
そして、トンカチでトントントン!!案外しっかりと叩かないと、葉っぱの模様が布に移りません。残念ながら、完成品の写真が取れなかったのですが、始めは緑色をした布地の叩き染め部分は、時間の経過と共に、藍色に
なってゆくのだそうです。自然と一緒につくった葉っぱの柄のコースター、良い夏の思い出になりました!!

以下、開催用情報のテキストです。

  日 時:2013年8月25日(日) 10:30~16:00
      ※12:00~13:00はお昼休み
  場 所:チャレンジホール/ザ・チャレンジ秩父(ウニクス秩父内)
      埼玉県秩父市上野町805-14
  問合せ:[TEL]0494-21-5294
  主 催:アダチユミコ/おもちゃコンサルタント・百果店ひぐらしストア
  後 援:日本グッド・トイ委員会・東京おもちゃ美術館 
      森のようちえんNPO法人花の森こども園親の会
      ツグミ工芸舎・百果店ひぐらしストア 
      ウニクス秩父

 ■子供も大人も世界のおもちゃと友達になろう!
 東京おもちゃ美術館や、おもちゃコンサルタント・店主 アダチユミコおすすめのおもちゃで楽しむ時間。即売もあります。

 ■ストーリーテリング・紙芝居
 夏にぴったりの怖い話なんかも!

 ■ワークショップ 葉の茂る夏しかできない季節染め
 「藍の葉っぱをトントントン叩き初め」
 葉っぱを布にのせてトントントン!
 葉の形・色が布にうつります。コースターや壁飾りなどにしてみましょう。
 色は時と共に緑から青へゆっくり変化します。自然の色の不思議を楽しめます。

  所用時間15分 費用200円~ 予約不要

(45期PM 足立由美子)
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。