スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場in東児童センター(岐阜市)

2014年04月22日
おもちゃの広場in東児童センター

〇開催日時 4月22日(火) 10:40~11:40

〇開催会場 東児童センター(岐阜県岐阜市)

〇使用セット きんもくせいセット、ぎふの木のおもちゃ(まあるいつみき、凸凹積み木、メタモック、Jブロック、音鳴る積み木、春駒、オトシモノブロック、バランスボール、ころころつみき、つみぼぼ、バランスレール、森のめぐみ)

〇来場者数 未就園児親子7組


天気予報をは裏腹に、少し肌寒い曇り空。
今日は、抱っこの赤ちゃんが半分位。
とても静かな、でも落ち着いた広場になりました。
NEC_0544.jpg

年齢の低いお子さんは、
一緒のママの見つけたおもちゃであそぶことになります。
そうなると人気なのがやさしい音のグロッケン。
それから、はいはいさんに人気のスターこま
そしてクルリンカー。
NEC_0556.jpg

ちょっと大きなお兄ちゃんはくるくるチャイムから離れず、
ママが、スネイルを持ってきても、ひたすら、ボールを入れて拾って、を繰り返します。
が、よく見ると片手にふたつずつ!!
手をいっぱいいっぱ広げて上手に掴んでいます。
「家でも、持ちたいもの、ぜんぶこうやって持つんです」とのkと。
将来、ギャルソンになって、お盆に山盛りグラスを乗せても安定感がありそう、そんな印象でした。
NEC_0553.jpg

今年度、こちらの児童センターに着任した若い先生は、
おもちゃの広場は初体験。
興味津々で見てくれます。
中でも木馬育。
乗ってみる?と誘うと、ひょいひょい乗って「楽しい!!」
こういうリアクションがあると、やってみたい子が現れます。
おじいちゃまに手伝ってもらって、うんしょこらしょ。
体育館使用のフロアなので、滑りがちなのが残念ですが、とっても嬉しそうです。
NEC_0550.jpg

グッドトイのセットと、ぎふの木のおもちゃ。
両方をお借りする広場では
始まる前に、ちょっとお話をさせてもらっています。
おもちゃのこと。東京おもちゃ美術館のこと。
木のこと。ぎふの木のおもちゃのこと。
その時に使うのが、樹種プレート。
1セット10種類、
2センチほどの厚さの葉書大のプレートに
それぞれ違う木が使われていて、その木の名前と特徴が記してあります。
重さの違い、木目や色の違いがはっきりとわかります。
スギの軽さ、ヒノキの香り、ミズナラの重み、ヤマザクラのやさしいピンク…
ママたちは、それぞれ、はっと思う事があるようです。

が、今回、特にヤマザクラのプレートが大のお気に入りになった子がいました。
がんばって歩けるようになった彼女、
片手でプレートを持つので、落っことさないか、見ていてハラハラ。
なにせヤマザクラ、けっこう重たいので、はだしの足に落ちたら…と思うと
気が気ではないのですが
お母さんは、大らかに見守っています。
しかし。ああ、しかし。
最後の最後で落下!!!
痛いのと、おねむになったのとで、泣きだしました。
それも、プレートをおでこにあてて、メッカに向かってお祈りをするごとく!!
とっても大好き、その気持ちが伝わってきました。

今回は、なんとなくグッドトイの周りに人が多かったように思いましたが
それでも、やっぱり人気だったのが
ぎふの木のおもちゃ「バランスレール」
ママ達はドットの上でイタイ、とかイタ気持ちいい、とか、あ、なんでもない、とか
わいわいと言っています。
子どもたちも、レールの上を歩きます。
ひとりで歩く子、立っちがまだなので、足の裏でひのきの感触を味わう子、
いろいろでしたが、
レールの低さと幅が、人気の秘密のように思いました。

近隣の幼稚園がこの日から、未就園児のクラブを始めたとのことで、
2~3歳さんの参加の少なかった今回。
どちらに参加しようか悩んでいたお母さんもいらした、と伺いました。
そんな子達にも遊んでもらえる機会がつくれたらいいな、そう思って会場を後にしました。
NEC_0546.jpg


通信34期 加藤理香

広場レポート 中部・北陸地区 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。