スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

病児のおもちゃ広場in埼玉医科大学国際医療センター

2014年06月11日
6月10日
埼玉医科大学国際医療センター  

網野 絵美
(青梅こども未来☆わくわく遊び隊)


昨年度トイコンを取得し、初めてのおもちゃ広場開催です♪
NPO法人青梅こども未来初の「病児のためのおもちゃ広場」でもありました。
病院側との入念なやり取りの後、念願の開催となりました。

今回は、すずらんセットをお借りし、消毒出来るもののみを使用しました。
実際、ファブリックのものと、紐の細いプルトイ以外はすべて使用出来ました。

患児の参加は4名。
保護者4名。
看護師数名。
の参加でした。ベッドサイドのお話もありましたが、今回は実施いたしませんでした。

メールでのやり取りから、未就学時と小学生中心の感じで準備をしましたが、中高生にも対応出来る様にいくつかボードゲームやけん玉を持参しました。
1歳児と小学生の他にも高校生の参加があり、ゲームでとても盛り上がりました。

スーパーアクロバットやクーゲルバーン、CD独楽、カプラ、触ってなあに(持参)などが遊びやすい様でした。


埼玉医大1

埼玉医大2

スーパーカップで盛り上がり中。

埼玉医大3

ハリガリは、女子会で。(笑)

小学生や高校生は終わる頃には笑顔で、ぜひまた来て欲しいと言って、お部屋や治療に戻って行きました。
一緒にゲームに参加して下さったお母さんや看護士さんもとても楽しそうでした。
また小児だけではなく、大人の患者さんもいらっしゃる病棟であったため、興味がありそうな方も見受けられました。
今回はスタッフの人数の関係上お声をかける所までは出来ませんでしたが、次回はぜひ大人の方にも参加していただきたいと考えています。


広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。