スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの解説書(ひよこセット)

2007年05月08日
今年度の「ひよこセット」は、各おもちゃの解説書が付いています。
A4のクリアファイルにおもちゃの写真と遊び方などの簡単な解説があります。

解説書


山グループのリーダーやまだゆみこさんが山グループの方々にお声がけして下さり、横尾泉さんと長谷部聡子さんの3人で作ってくださいました。とてもキレイな仕上がりです。有難うございます。

広場のなかでおもちゃと一緒に解説書もご活用ください!
子ども達だけでなく、パパママ達とのコミュニケーションにも役立つと思いますよ。
事務局からのお知らせ | Comments(12) | Trackback(0)
Comment
カタツムリセットにも解説がつきました。
ひよこセットに引き続き、カタツムリセットもようやく解説がつきました。
遅くなってすみません。
箱に同封されています。

また、おもちゃの感想や体験談・こんな遊び方をしたら面白かった!などを
書き込める小さ目のファイルを入れました。

少しずつたまっていけば情報が来場者に伝わって
いいかもしれないと思ってます。

どうぞよろしくお願いします。
説明書素敵!!
今、かたつむりセットを預かる手塚です
説明書素敵!!v-352
綺麗で読みやすく、わかりやすい!!
鈴木智香子さんも感激してました。
お仕事の合間での作業でしたでしょうに
山田さん、長谷部さん、横尾さんありがとうございました。v-435
早速広場で並べたら、みなさん良く見ていかれました。
値段を聞かれることが多いのですが、
説明書に値段があった助かります。
おっと!広場のレポートも早く上げなくちゃv-356
追伸
何度もすみません、手塚です。
遊び方の小さい目ファイルに
おもちゃの名前の見出しが付けられるタックシールを
つけてみました。
探すのに便利かと思いまして。。。
こうして報告すれば、セットに少しずつ手も加えることは
構わないでしょうか?
もし、おせっかいだったらごめんなさい(笑)
今回だけはお許しを!!
ありがとうございます♪
長谷部さん、かたつむりセットの解説書ありがとうございました!!

手塚さん、ノートは、長谷部さんと私のメールのヤリトリの中で生まれた案で
参加してくださった方々が感想や思ったことを色々と書くものがあったら面白いし
次の人の参考にもなるかなーと思ってみたのです!
コレから、色々な形に変わっていくことを想定してのものです。
こうした方が良いかなー?というのがあって良いので、どんどん提案してみてください♪
ひよこセットには、私が家にあった大学ノートを入れてみました。
このノートもどうなるか・・・楽しみだったりします(*^^*)
有難うございます!
長谷部さん、手塚さん、やまださん、

本当にいつも楽しいアイデアを実行に移していただき、感謝です。
&ご報告有難うございます。
みなさんが何かもの言える場を作るだけで精一杯ですが、今後ともよろしくお願いします。

書き込みノート、ファイル?かたつむりがいつか事務局に帰ってきたら拝見するのを楽しみにしています。
お気づきの点はぜひ、こちらや掲示板にもどうぞ。
つけたしもう1丁!
本当に次にファイルを見るのが楽しみですね!!
あと、付け足しですが、
鈴木智香子さんが
かたつむりセットのオーボールとスイッチピッチを
いれてた袋があんまりぼろいので(笑)
布で袋を作ってくれたそうです。
とても可愛い柄の大型巾着袋ですよ。
えっ?
もうそんなにぼろくなっていましたか…
すみません~
鈴木智香子さん、お忙しい身の上で、さりげなくそんなことをしてくださっていたとは。
本当に有難うございます。

多分回っているうちに、たくさんの方々が色々気づいて修理してくださったり
新しくしてくださったり、なんだと思います。

アンケートのご意見への回答は、
むしろ「使い方をもっと良くして!」という言い方になってしまっていますが、
皆が気持ちよく使えるように、労をいとわず支えてくださる方々のお気持ちを覚えて
いつも感謝いたしております。
有難うございます。&これからもどうぞよろしくお願いいたします。
後期スケジュールについて
皆さん前期の「おもちゃの広場」でがんばっていらっしゃるようですが、7月になるとそろそろ後期のスケジュール調整に入るのかな?と気になるグループリーダーの木原です。
前期の調整をした時に思ったのですが、お祭りなどあらかじめ日にちが固定されている大きなイベントにかけて「広場」を開催される方にはなるべく2セット貸し出しできるようにしたいので(希望があった時)、先にその日程を伺っておいてキープし、残りの日程で自由がきく方々に振り分けるというやり方はできないでしょうか?希望のアンケートを二段構えで聞かないといけないし、後のアンケートではリーダーが残っている日にちをグループの方に周知しないといけないのでちょっと大変かとは思うのですが、他グループのリーダーの皆さんはいかがですか?
事務局石井様、リーダー山田様
こんなところに投稿していいものか?
わからなかったのですが、
お2人と皆様に報告したくてこちらに書き込みます。

「おもちゃの広場」は前期で1人2期間となっていますが
今回、鈴木智香子さんの急な転勤で
すでに依頼されて開催が決定していた
乳幼児学級での鈴木智香子さんのおもちゃの広場を
私手塚が引き受けることになり
前期で3期間になってしまいました。
日程調整などして頂いたのに
3回もになってしまいすみません。
しかも昨年のアンケートでは
1人の回数を減らしても、多くの方がおもちゃの広場を
開催できるといいな、なんて書いた手前
なんだかとっても申し訳ない感じです。。。

でも急な予期せぬことってありますよね。
私は自分の子供の病気が心配です。
実家も遠くて預かってくれる人がいないので
期間中はドキドキ!!
広場も回数を重ねるうちに
今回の乳幼児学級の1クラスに入ったり
再来週は講演会もあり
責任が大きくなってきて、ドタキャンできないので
家庭とのバランスが難しいです。
仲間がいると本当に心強いですよね。
みなさんは自分の子供のことや
家庭の事情とのやりくりを
どうしていらっしゃいますか?
後期スケジュールについて
こんにちは。みなさま。

実は上の木原さんの問題提起のあと、電話でお話しする機会がありまして、
後期のスケジュールは8月に入ったら作業始めましょう。ということを確認しあっております。

大きなお祭りなどのイベントの日程を先に確保云々、という点につきましても、
やはりスケジュールを伺うのは一斉に、ということになると思います。やはり作業が煩雑すぎますので。一斉にうかがった後、調整することになると思います。

後期は前期のやり方でいきますが、来年度は更に開催者が増えるかもしれませんので、
地区グループ制をはじめとして、システム自体変える(進化する)ことも視野に入れ
考えていくつもりです。
お気づきの点、ご意見などありましたらお気軽にお願いします。

このブログも更新できないまま、こんなにコメントで話題をつなげていくのも変ですよね。
ブログはの利用方法についても、考え中です。
事務局からのお知らせはまあいいとして、
皆さんが意見交換をするためには、ブログよりパスワードつきの(登録メンバーしか入れないタイプ)の掲示板の方がいいのでは?というご意見も頂いております。
レポート専用掲示板は、そのまま継続して、
そちらで語れないような、例えばひろば運営の悩みなどを語り合える場のような…



家庭とのバランス
手塚様

いろいろな思いの書き込み有難うございます。
手塚さんのお気持ちと、事務局でなかば機械的におもちゃのセットの発送スケジュールの割り振りをしている向こう側に、開催者の皆様の様々な思いがあるのだろうな…ということに改めて思い馳せています。

鈴木智香子さんの急な転勤で、
引継ぎとなった広場の件は、やむをえない事ですし、
引き継いでくださった手塚さんには、むしろ感謝感謝です。
開催回数のことなどは、お気になさらないでください。

>でも急な予期せぬことってありますよね。
>私は自分の子供の病気が心配です。

一番の気がかりは、そこです。特に手塚さんのようにお子さんが小さいうちは。
そんななかでの日々の活動、ほんとうにお疲れ様でございます。
広場や講演での大忙しが終わって家に帰ればそれ以上の大忙しですし、
ましてやご自分のお子さんの具合が悪い時は、それで気持ちが一杯になってしまいます。
ただ自分の子どもが小さいうちだからこそ、この活動にやりがいも感じていらっしゃる気持ちもあるのではないでしょうか。その思いの狭間で揺れますよね。
しかし基本的にボランティア活動ですから、
自分の家庭に支障があったり、気持ちに負担があるとよくないですよね。
すでに手塚さんが実践されていることですが、
同じ思いの仲間が近くにいることが一番の助けなのかもしれません。


>実家も遠くて預かってくれる人がいないので
>期間中はドキドキ!!

実は私も子どもが小さい時、ボランティア活動なのに、
ピンチの時お金を出してファミリーサポートさんに子どもを預けたことがあります。
今考えても、それで良かったのか?悪かったのか?よくわかりません。
むしろ今では「そこまでしなくてもよかったな~」とさえ思います。
自分の事ながら、何をそんなに焦っていたのかな?とも。
ただ私も一人ぼっちで子育てしていたクチですから、その時の気持ちは、
なんとしても社会参加したい、という思いのほうが勝っていたんですね。

私の例は極端ですから、決して真似しないように!!!(笑)なんですが、
この際、自分がどのくらいこの活動に意味を見出せるか?
どこまでやったら、気持ちに負担なく活動できるか?
負担を少しでもなくす為に何をしたらいいか?
トコトン悩んでみることは意味のあることかと思います。
「ボランティアをすることが、どれだけ自分のためになるか?」
その点はっきりしないと、なかなか継続が難しいかもしれません。

>広場も回数を重ねるうちに
>今回の乳幼児学級の1クラスに入ったり
>再来週は講演会もあり
>責任が大きくなってきて、ドタキャンできないので
>家庭とのバランスが難しいです。

ボランティアと言っても、このぐらい専門性に特化した活動ですと、
責任も重くなってきますよね。
ひろばの時間を短くする、仲間と子どもを預かりあう、
講演などはどこまで引き受けるか?考えるなどなど…
どれも簡単なことではなく、かえって大変でもありますが(~_~;)
時にはボリュームを減らす勇気も必要かと思います。

>仲間がいると本当に心強いですよね。
>みなさんは自分の子供のことや
>家庭の事情とのやりくりを
>どうしていらっしゃいますか?

なんかすごく堅~いコメントになってしまって、
うまく書けなくてひとり焦っていますが(笑)
ほんとうは、こんな時誰かに話を聞いて欲しいとか、
誰かの同じ悩みを聞いてみたいとか、

結局そういう人との繫がりが一番の力になるのかもしれないですね。
そんな気持ちだった自分のことを思い出してしまいました。(まだその只中でもありますが)
事務局サイドが皆さんの思いを十分に受け止められるのか、甚だ自信がないところですが、
話していただけることで、そうした悩みを皆さんで共有できるといいな…と思います。
家庭とのバランスは永遠の命題(というか日々の命題)ですよね?
皆様はいかがですか?

ありがとうございます
石井様
丁寧なお返事ありがとうございます
山田さんからも心温まる親切なメールを頂き
こういうやりとりがあるだけでも
広場をやっていてよかった!と思っちゃう
単純な私です。
この3年位で今までも広場が終わった日から
息子が熱を出したり
広場の前日まで体調が悪かったりと
ぎりぎりを劇的なタイミングで乗り越えて来ました。
だからなんか大丈夫な気もするし
子供をはじめ家族が私の活動を支えてくれていると
思えたりします。
今回もドキドキしながらうまくかわして
ゴールまでたどり着きたいと思います。
ナイスアドバイス!ありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。