スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

北海道標津町 おもちゃのひろば

2015年03月18日
開催日時    27年2月25日 10時~12時
開催場所    標津町親子交流館「おひさま」
参加者      25名
スケジュール  標津町広報誌へ織り込みチラシを全戸配布。
          24日 会場準備
          25日 開催   12時30分 片づけ・確認
会場の様子
 今年度、最後のおもちゃの広場となる。この冬は、この地方としては、珍しい大雪で親子で外出するのが大変な程の道路状況の中、10組の親子の参加があった。いつもよりは少ないが、その分、ゆったりと過ごすことができた。普段から、親子交流館を利用している親子ばかりだったので、親子共々、顔見知りばかりで、遊びもスムーズに展開されている。いつもと違うおもちゃに、大変興味を持つ親が多く「親の方が夢中になってしまいます。」という声も聴かれていた。
 ままごとコーナーは、もともと普段から会場に設置されている物だったが、そこにグットトイの積木が加わった遊びが広がり、仲良く遊ぶ女児と男児の後ろ姿が可愛らしかった。

おもちゃの広場 006 - コピー (640x480)
 赤ちゃんコーナーには、ポンティーノを置く。元々あったプラスチック制の物とは、感触が違うようで一人遊びを楽しむ赤ちゃんの姿があった。少し大きい1歳児のヨチヨチ歩きの子が、これを気に入り、いつも間にか引きずって歩いていた。
 短い時間だったが、じっくりと遊べる充実した時間となった。

おもちゃの広場 002 (640x480) おもちゃの広場 004 (640x480)

人気のおもちゃ
 ビリボ→ママたち人気で、座ってみる姿があった。ふざけて、無理やり子供を乗せて、笑いあい楽しそうなママ達。会場に笑い声があふれていた。

 スイッチピッチ→色が変化することに気付いた2歳の男の子。ママと一緒に投げたり、蹴飛ばしたり・・自分の力で色が変 わるまで挑戦していた。

 リグノ→他の積木と組み合わせたり、色の組み合わせも楽しそうだった。

 シュタイヒ動物→私物であるが、積木と組み合わせておくと動物園が出来上がり、どんどん遊びが広がった。

おもちゃの広場 003 (640x480) おもちゃの広場 005 (640x480)

今後に向けて
 来年度は、この親子交流館を会場に、ママ達が中心となるイベントを企画中。その中で「おもちゃの広場」を開催。
更なる充実に向けて頑張りたい。
 

広場レポート 北海道地区 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。