スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場イン子育てファミリーステーションcoucou

2008年03月06日
<開催日時> 2008年2月7日 PM2:00~2:40
<開催場所> 多摩センター子育てファミリーステーションcoucou
<告知方法> coucou内にある掲示板にて告知のみ。
<スタッフ > トイコン2名
<セット名 >  かえる
<参加者 >  親子24組
多摩センター子育てファミリーステーション


<当日の様子>

coucouにて毎月一度行われるミニイベントの日におもちゃの広場を開きました。
今回はトイコン取得し広場に関わるのは初めてという方が、coucouの
スタッフの紹介で来てくださいました。
2人でおもちゃを箱から出し、参加者の方々に遊び方をすぐ伝えられるよう使い方のわかりにくいおもちゃの遊び方をまず確認。
開始時刻が迫るに連れて来館者も徐々に増え、
0歳児が多いので専用のスペースが必要と判断し畳のスペースは
0歳児専用と決める。
coucouのスタッフが手遊びをし、広場が始まることを知らせる。
手遊び中におもちゃを次々と運び出す。
最初に自己紹介、注意事項などを話し広場スタート。

<おもちゃとあそび>
・ローラーカップは2段目が壊れていて、その下からビー玉を
 入れないとうまく落ちていかないのだが、1歳過ぎの子が
 一生懸命1段目から玉を入れ、あらぬ方向へ玉が落ちる。
 母がここからだよ、と何度か3段目を指さすが1段目から入れて
 いた。ちょっと遊びが落ち着いてから私が3段目から玉を入れ、
 規則正しく玉が落ちていくと釘付けになり、その後は3段目
 から入れて動きを楽しんでいた。
 楽しそうな音に引き寄せられるように、他の子ども達も
 集まってきた。

・ローラーカップと同じくカラコロツリーも
 上から下へ規則正しく玉が落ちる様が人気。
 機械音ではなく木と玉だけでこんなにいい音がでるのか、
 色が素敵と大人にも人気でした。

・バスケットシェーカーは軽くて持ち手も広いので赤ちゃんにも
 持ちやすい。赤ちゃんに渡すとしっかり握り早速口へ。
 少し傾けるだけで鈴の音がするのがポイント。
 1歳過ぎの子は上下に振っていた。

・オーボールの遊び方について話をする。
 持っている人はいますか?と質問したところパラパラと手が
 上がる。転がす、投げるだけではなく中に布を入れる、
 小さな物を穴落としのように入れる、ゴムをつける、
 紐通しをする、指けんだま、2個積んで見立て遊び
 などを話すと、集中して聞いてくれた。

<感想>
 参加人数が多いのは本当にありがたいことなのだが、
 なんとなく子どもも大人も気が散漫になってしまう気がした。
 こういうおもちゃがあるよ、と知ってもらうだけではなく
 あそびこめるところまでいけたらと思うが、
 私の力不足でそこまでいけていない。
 それはそれでいいし、私の気がつかないところで
 そういう姿もあったのかもしれない。


 



未分類 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。