スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

埼玉県日高市高根支援センター 山岡千秋

2008年03月11日
① 日 時  2008年2月28日(木) 9:30~12:00
② 会 場  日高市高根支援センター 
③ 告知方法 支援センター会場内のポスター
④ セット名 ひよこ
⑤ 参加者  未就園の親子18組41名
⑥ タイムスケジュール
    9:00  会場準備
      30  来場者から自由に遊んでもらう
          平行しておもちゃを作る
    12:00 手遊びと絵本を読んで片付ける

⑦ 人気のあったおもちゃと遊び
「大工さん」  子ども以上にお母さん達に人気でした。子ども達は発達段階に合わせて、ペグを手で押したりとんかちでたたいたりそれぞれの方法を見つけて楽しんでいました。
      ♪たたくとウンチが、はい、でたよ♪と歌まで出来ていました。

「カプラ」  乳児はおしゃぶりにしたり、両手で持ってお母さんのまねをして拍子木のようにこつこつあわせたりしてコミュニケーションを楽しんでいました。1歳児くらいは30cmも積めば、早く崩したくて、積む・崩すの繰り返しでしたが、2,3歳児になると、慎重にどこまで出来るか挑戦という感じで高く積み上げていき、耐え切れなくなったカプラが崩れてしまうということを楽しんでいました。

「オーボール」  相変わらずの人気でした。たまごにみたててお腹に入れて温めている子がいました。

⑧ 感 想
  たくさんの来場者で、賑わいました。
  遊ばせ上手なスタッフに恵まれ、またお母さん達も暖かい雰囲気で、おもちゃが足りないかなという感じでしたが、言葉がけも上手く、和やかな雰囲気で行うことが出来ました。買えない木のおもちゃで遊べるのがうれしいと言って下さり、うれしい限りでした。
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。