スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

9/15「おもちゃの広場 in 溝の口」を開催しました

2015年09月18日
http://ameblo.jp/chikurinso9/15(火)、神奈川県川崎市高津区にて、子育てサークル「バンブーキッズ」主催としては2回目の「おもちゃの広場」を開催しました。

事前予約でないので、ふたを開けてみないと皆さん遊びに来てくださるのか不安でしたが、6月より少し落ち着いた雰囲気となり、13組の皆さんが遊びに来てくださいました!

お子さんは、生後2ヶ月から3歳5ヶ月とさまざま。
男の子も女の子も多く、お2人連れの方も。

また、お子さん連れでお手伝いをお申し出くださったり、
市外からおもちゃコンサルタントの先輩が駆けつけてくださったり、
高津区こども支援室の方が見学を兼ねていらっしゃったりと、
皆さんのお力添えを心強く感じる1日にもなりました。

おもちゃセットは乳幼児に対象を限定したものではないので、安全管理には気を使いました。
でもだからこそ、声を掛け合ってコミュニケーションが生まれたり、
3歳のお姉さん達はゲーム的なおもちゃに夢中になり、新たな興味や成長を垣間見ることができたのでは?と思ってます。

また、遊び方もその子それぞれ。
まだまだ舐めるのがメインの子、親子で遊ぶ子、おもちゃコンサルタントや支援室の方と遊ぶ子、自分の興味のままあちこち遊び回る子...
人見知りのお子さんも多いですが、おもちゃに釘付けで入るのを泣いて嫌がる子はなく、時間とともに少しずつ少しずつ...の姿がまた可愛かったです。

少し遊びが落ち着いた10時半過ぎからは、お楽しみの絵本タイム。
今回は私がセレクトして、「遊び」に関する物を選んでみました。
とは言え乳幼児にとっての一番の「遊び」「おもちゃ」は何?と考えると...
それは「日常そのもの」、中でも「人」との「ふれあい」。

そこでお持ちしてみたのは、
『じゃあじゃあびりびり』
『ぎゅっ』
『にわとりのたまご』
『だるまさんと』
『おままごと』
『こぐまちゃんのどろあそび』
『いないいないばぁ』
『こりゃまてまて』。
時間と雰囲気を見て3冊読んでみました。

せっかくなので、ベテラン保育士さんでもある支援室の方々に、サプライズで読んで頂いたりも♪
子ども達はほんと集中力があって、シーンとなる瞬間があるのには驚きました。
(もちろん全体的にはザワザワ~ですが、全員一度は絵本に興味を向けてくれるのが分かり、すごいなーと思いました)

最後は残ってるみんなでお片付けを手伝って頂いて、予定通り閉場できました。
来場の皆さん、本当にありがとうございました!

なお写真は、なぜか私の環境からはアップロードできなかったため、サークルのブログでご覧くださいませ。
http://ameblo.jp/chikurinso

(52期 君ひとみ)
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。