スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

鹿嶋市おもちゃ広場20151208

2016年01月04日
『おもちゃ広場』ひろばレポート
レポート記入者名   利用セット   開催日期間
 鷲田孝保(TC50) 『こすもす』  第3回 2015年12月08日(火)10:30-12:00
会場名:鹿嶋市認定子ども園大野めぐみ保育園子育て支援センター
おおよその来場者数:42+鹿嶋市の職員2名  合計44名
 
開催に向けて行った広報など:開催施設で、定期的な集まりで、広報。鹿嶋市役所こども福祉課少子咬対策室長など3名参加。地域の高齢者1名(男性)参加。
今日の広場の内容:おもちゃをブロックごとに机に並べ、必要な注意と遊び方はオリエンテーションしたが、あとは、なれた施設の保母さんが援助し、母子ともにいろいろなおもちゃとの出会いを楽しんだ。
あそびや、おもちゃのエピソード:
① 40名以上の母子祖父母が参加し、『こすもす』のおもちゃと、それ以上の数のおもちゃ(鷲田私物)を用いて、ゆったりとした中でおもちゃ広場が開催された。
② おもちゃの数が多かったので、取り合いもなく、一緒に遊ぶ姿が多く観察された。
③ 地域の高齢者(男性)が参加し、積極的に遊びの指導にかかわり、和気藹々のなかで、世代間交流ができた。
保護者の感想・おもちゃコンサルタントの感想
・はじめて提供したおもちゃも多く、どうやって遊ぶのかいろいろと試み、楽しさにきずくと夢中になって遊んでいる母子の姿が見られた。子どもだけでなく、親もおもちゃあそびに楽しんでいた。
<母親の感想>
・はじめてみたおもちゃや、いつも遊べないような珍しいおもちゃと遊べて楽しかった。
・気にいったおもちゃで、ずっと遊んでいる子どもの様子を見ることができ、よいおもちゃをこれから見つけようと思った。
・以前から、おもちゃ広場に参加したいと思っていたが、今回、日時の調整が出来て、はじめて参加できて良かった。
・おもちゃコンサルタントの先生が、子どもの様子を見てくれ、遊ぶ姿からこどもの良いところを的確に伝えてもらい、これからの方向を教えて頂き良かった。
・東京おもちゃ美術館に行ってみたい
・親も童心に返って楽しめた。
<TCの感想>
・母親も徐々におもちゃ広場に慣れてきて、積極的に準備と片付けに参画してくれた。
・今回、町内会の高齢者(男性)の参加も、あらたな多世代交流として、成果をあげた。
・あそびの中でのコトバがけの意味を、適宜、母子や保育者に伝えることができた。
・行政の担当者が、おもちゃ広場に毎回、積極的に参加し、母子と一緒に遊びを通して交流を深めることが出来たことは、大きな成果であると感じた。

<写真がどうしても貼り付きません。>
広場レポート 関東地区 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。