スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おもちゃの広場 in 兵庫県養父市 《田路寿美---とうじひさみ》

2008年05月12日
  ~レポートが遅くなりましたm(_ _)m
    GW目前の土曜日に、今年度初めての広場を開催しました。 ~


会場の雰囲気

☆利用セット   
  あひるセット
☆開催日時&会場名
  平成20年4月26日(土)  11:00~15:30     
  兵庫県養父市八鹿町 ショッピングタウンペア2階 
                     子育て広場「ラビット育ちゃん」
☆来場者数 
  約60名(内、スタッフ&ボランティア4名)
☆広報
  ○会場近辺での掲示とチラシによる自由配布
  ○会場隣のフロア「養父市男女共同参画センター」と、市の関係課(人権推進課)による
   宣伝

  (オリジナルののれん
       ・・・下に重なった派手な柄の布(!)で会場所有のつみきを隠しています)

オリジナルのれん


  (100%天然まゆの、まゆ玉ころがし
       ・・・結構人気でした。レールは研究を重ねたオリジナル(^_^)v)

まゆ玉ころがし

☆タイムスケジュール 
  10:20  おもちゃ搬入 会場準備
  11:00  おもちゃの広場開始
  13:30  おもちゃを隣のフロアに移動
  14:00  ショッピングタウン内の書店主催の「お話し会(絵本の読み聞かせの会)」
  (~14:30まで)
  14:30  おもちゃの広場再開
  15:30  おもちゃの広場終了 
  16:00  おもちゃ搬出完了
  
☆子ども達や保護者の様子
  ○今回の会場は、市内中心部のショッピングタウン内にあり、隣接する「養父市男女共同
   参画センター」が管理している常時開放された子育てひろばであったので、昼頃までは
   人の動きもまばらであったが、「お話し会」の後は、特別な呼びかけをしなくても多くの
   親子が残っておもちゃで楽しんでくれた。
  ○参加者はほとんどが買い物客なので、家族連れも多く、ファミリーで楽しんでくれる様子
   が微笑ましかった。また、GW目前ということもあり、帰省ファミリーもあった。
  ○とても熱心にいろいろとさわってみてくれるお父さんが2~3人あった。手作りおもちゃの
   カラクリは、たいていお父さんの方が興味を持ってくれる。
  ○最後まで遊んでいたのは小学生だったので、片づけまでしっかり手伝ってくれて助かっ
   た。
  ○今回は、常時開放型のひろばだったので、まとまったトークは行わなかったが、人の出
   入りが小刻みだったので、少しずついろんな人とお話ができた。

☆人気のあったおもちゃ
  ○カプラ・・・年齢を選ばないカプラは、やっぱり最高のおもちゃです。
  ○クネクネバーン・・・いつでもこれは大人気です。
  ○大工さん・・・やっぱり大人気。待ちペグ(上部に立てている)をたたく子&親御さんも結
  構多くて、正しい方法(*^_^*)を伝えるとそれだけで場が盛り上がります。

(高学年の子がお父さんとトライしたカプラ)高学年カプラ

(むかでをハイハイで追いかける赤ちゃん達)ハイハイ

☆次回に向けて
  ○昨年度開催した、参加者が固定されている(登録制の)子育てひろばでの開催も、今後も
   行っていきたいが、今回のような常時開放型の子育てひろばでの開催も、継続して行って
   いきたい。
  ○「お話し会」の時間、おもちゃの広場を中断しても、その事がマイナスにならなかったこと
   が嬉しかった。しかし、日程を重ねたことによって参加者が増えたことは間違いないので、
   今後、「お話し会」の主催書店に「おもちゃの広場」のことを十分に理解してもらって、同じ
   ような方法で開催を重ねていけたら、と考えている。
広場レポート 近畿地区 | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。